ここから本文です

人気漫画『無限の住人』が、三池崇史監督&木村拓哉主演で実写映画化(2017年4月29日[土]公開)。木村が演じるのは、無限の命を持つ剣士・万次。迫りくるさまざまな刺客を相手に大立ち回りを演じ、大切なものを必死に守ろうとする男だ。人気の高い原作であり、劇中もそれは壮絶なアクションが求められるなど、実写化には非常にハードルが高い作品だが、「一緒にやりませんか」という三池監督の言葉に感銘を受け、こうした言葉こそ「俳優にとって一番恵まれた瞬間」だと語った木村。そんな彼に本作への想いを聞いた。

サムネイル

主演・木村拓哉、監督・三池崇史=映画『無限の住人』(2017年4月29日[土]公開)


主演・木村拓哉、監督・三池崇史 映画『無限の住人』特報>>


■個性的な作品を世に送り出している三池監督と、唯一無二の存在感を放つ木村

そんな二人は本作で初タッグを組んだのだが、木村は「メディアを通じて知る三池監督は、攻撃的なプリントTシャツに色眼鏡、手首には数珠といういでたちで、カメラをするどい眼光で睨(にら)んでいる姿が印象的だったのですが」と最初のイメージを語る。しかし実際会うと「色眼鏡の奥には、まつ毛がびっしり生えた、とても純粋な目の持ち主でした。そのまなざしで話をいただき、最後に『一緒にやりませんか』と言っていただいたんです」と三池監督の真摯(しんし)な人柄に惹(ひ)かれたという。

初めて体験する三池監督の現場は、木村にとって非常に熱いものだったという。「ビジュアルは専門のスタッフさんが何時になろうとも、しっかりスタンバイしてくださっていますし、特殊メイクもいくら激しいアクションをしてもはがれることなく完璧。極寒の京都、川の中で倒れていて手しか出ていない演者さんも、自分の役回りを集中して演じてらっしゃって。それを支えるスタッフさんも、手の指紋のすべてが泥に染まっていても、すべてが監督のOKのためにみんなが前に進もうしている。こうした感覚も自分の中では非常に大きかったです。」

 また、木村演じる万次が命をかけて身を守る凜を演じた杉咲花について、「万次は凜なしでは生きる意味を見いだせない男。彼女の存在を感じて、自分の中で解釈したり飲み込んだりして演じさせていただきました。凜が苦しめば苦しむほど、万次のアクセルの回転数は上がる。小柄な彼女ですが、とても大きな存在でした」と絶賛する。

その他にも、天津影久役の福士蒼汰、尸良(しら)役の市原隼人、乙橘槇絵(おとのたちばなまきえ)役の戸田恵梨香、閑馬永空(しずまえいくう)役の市川海老蔵など、個性的なキャラクターたちが、万次に牙をむく刺客として立ちはだかる。

「対峙(たいじ)した時に感じたことは、みなさん、役へのアプローチがすごいなと。特に市原さんが演じた尸良はすごくて、彼は完全に憑(ひょう)依型ですね。あとは海老蔵さんとの1対1のシーンは、アクション部の方も入らないで2人でやらせてもらったんです。すごく刺激的でした」と撮影を振り返った。

サムネイル
閑馬永空(しずまえいくう)役の市川海老蔵=『無限の住人』(2017年4月29日[土]公開)


サムネイル
尸良(しら)役の市原隼人=『無限の住人』(2017年4月29日[土]公開)


サムネイル
天津影久役の福士蒼汰=『無限の住人』(2017年4月29日[土]公開)


■スタッフ、キャストそれぞれが自らの持ち場で最大限のポテンシャルを発揮し、作品に向かっていく

そんな三池組の魂が集結したアクションシーンは圧巻だが、そこにはさまざまな葛藤が生まれたという。

「撮影が始まる前、三池監督は『万次は不死身ではあるけれど、逆の言い方をすれば死なないではなく死ねない。万次を通じて、フィジカルとメンタルの痛みをちゃんと表現したい』とおっしゃったんです」と木村は明かす。

「スタッフの方々が僕らに一番気を遣ってくださったことは、いかに安全に撮影を進めるかということ」と木村は語る。一方で「安全に比例した作品になってしまうと"痛み"の部分をどうしても忘れがちになってしまうんです」という矛盾を乗り越えた。

自身の口から撮影時の体的ダメージが語られることはなかったが、撮る側、撮られる側がギリギリまで攻めたアクションを試みたことは、画面をみれば明らかだ。

 満身の想いを込めて臨んだ作品は今年のゴールデンウィークに公開を迎える。木村にとって2017年は1月から連続ドラマ「A LIFE~愛しき人~」も放送予定で、俳優としての仕事が続く。

「今まで通りの形ではなくなると思うのですが、軸を自分自身しっかり持ち、俳優という仕事を続けていくにあたって、今後も『もし良かったら来てくれない?』って声をかけていただけるように頑張りたいです」と抱負を語ってくれた。

『無限の住人』は、2017年4月29日[土]公開。

(取材・文:磯部正和)

--------------------
木村拓哉(きむらたくや)
1972年11月13日生まれ。東京都出身。1987年にSMAPのメンバーとして「Can't Stop!! -LOVING-」でCDデビュー。俳優としては「ロングバケーション」(96年)、「ラブジェネレーション」(97年)、「HERO」(01年)ら数々の大ヒットドラマで主演を務めるほか、『武士の一分』(06年)、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(10年)などスクリーンでも存在感を示している。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ