ここから本文です

元宝塚男役トップという経歴もあり、"かっこいい女"のイメージで支持されている女優・天海祐希。しかし、1月28日より公開される映画『恋妻家宮本』(監督:遊川和彦)で新境地か? 同映画では主婦役を演じており、ソファで眠りながらお尻をかく演技まで披露している。

サムネイル

天海祐希, Dec 14, 2016 : 映画「恋妻家宮本」の完成披露舞台あいさつ(写真:MANTAN/アフロ)


天海祐希の生活感あふれる姿にビックリ!『恋妻家宮本』特別映像>>


人物相関図ほか、『恋妻家宮本』がわかる特集サイト>>

■天海祐希を「いかにリアルな主婦に見せるか」

『恋妻家宮本』は、大人の夫婦の物語。宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)の夫婦は、やっと息子が独立して、久々に夫婦2人きりの結婚生活をおくることになる。しかし、ある夜、陽平は、妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印(なついん)された離婚届を本棚で発見した――。

同映画は、重松清の小説『ファミレス』を原作に、「女王の教室」、「〇〇妻」、「偽装の夫婦」、「はじめまして、愛しています。」といったヒットドラマを手がける脚本家・遊川和彦が大胆に脚色を加えた。遊川にとって、本作は映画監督デビュー作でもある。これまで天海と一緒に仕事をすることの多かった彼だが、『恋妻家宮本』では、「天海さんをいかにリアルな主婦に見せるか。それをひとつのテーマにしていました」と語っている(映画パンフレットでの発言)。

■"オカンあるある"感じさせる演技

女優・天海祐希に対して、誰もが"強い女"や"かっこいい女"というイメージを抱いているだろう。明治安田生命が発表している「理想の上司」ランキングの女性部門では、昨年まで7年連続1位を獲得しており、確かにあまり家庭のイメージはない。

しかし、さすが名女優。『恋妻家宮本』では、ほとんどスッピンに近い顔で、ソファで寝ながらお尻をかく姿も......。見事に"生活感あふれる姿"を見せてくれた。1月20日には動画サイト「GYAO!」にて本編映像を編集した特別映像が公開されたが、その中で天海は、顔にはシートマスクを貼り付けたパック姿、そして髪を適当にお団子にまとめた部屋着姿で、夫にチクリと嫌みを言うという、"オカンあるある"的なシーンを演じている。

女優として"かっこいい女"の地位を確立したが、そのイメージに自ら縛られはしないということだろうか。『恋妻家宮本』、天海の新境地という意味でも注目したい1本だ。

1月28日公開の映画『恋妻家宮本』予告編映像>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ