ここから本文です

冬の軽井沢を舞台に、大人たちのラブストーリーを描いたドラマ「カルテット」(TBS系)。松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平ら実力派の役者が出演しており、この4人が劇中で結成するカルテット・Doughnuts Holeが主題歌「おとなの掟」のボーカルも担当している。ディズニー映画『アナと雪の女王』のエルサ役の吹き替え声優として、その歌声が話題になった松が、再び美声を披露している。

サムネイル

松たか子, Jan 09, 2017 : ドラマ「カルテット」(TBS系)の舞台あいさつ(写真:MANTAN/アフロ)


松たか子、"美声"再び......「カルテット」エンディング映像>>


■高橋一生演じる家森の"面倒くささ"も話題に

メインの登場人物は、ネガティブ思考の主婦・巻真紀(松たか子)、マイペースな無職・世吹すずめ(満島ひかり)、美容室アシスタントの家森諭高(高橋一生)、自由人に憧れるドーナツ会社の社員・別府司(松田龍平)の4人。夢が叶(かな)わなかった30代の大人たちによる恋愛模様や、サスペンスありの目が離せない展開が続きそうだ。

1月17日の第1話放送後は、高橋一生演じる家森輸高のちょっと"面倒くさい"キャラも、さっそく女性視聴者の人気を得ている。

■大人の雰囲気たっぷりのエンディング映像

本編の後は、主題歌「おとなの掟」に合わせて特別に撮り下ろされたエンディング映像が楽しめる。作詞・作曲を担当したのは、椎名林檎。艶っぽいメロディーに合わせて、Doughnuts Hole の4人が大人の情感をたっぷり漂わせている。

『アナ雪』の大ヒットをはじめ、歌手としても類まれな才能を発揮している松はもちろん、あまり歌のイメージがない役者たちの歌声も堪能できる貴重な楽曲だ。現在のところCDリリースの予定はないようだが、ドラマの反響によっては期待できるかもしれない。

主題歌では息の合ったハーモニーを聞かせる4人のカルテットが、ドラマではどんな展開を見せてくれるのか? 4人の恋模様も謎も今後が気になるところだ。

「カルテット」最新話を無料配信中>>

(文/岩木理恵@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ