ここから本文です

テリー伊藤が、1月21日に脳リンパ腫のため74歳で亡くなった俳優・松方弘樹さんがバラエティ出演するようになった舞台裏を明かした。

サムネイル

松方弘樹/Hiroki Matsukata, Apr 24, 2013 : 米映画「L.A.ギャングストーリー」のトークショーイベントに登場(写真:MANTAN/アフロ)


1月24日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」では、松方さんの訃報を伝えた。松方さんは1985年から日本テレビ系バラエティ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出演して人気を集め、バラエティもこなす俳優のパイオニアとして知られているが、「元気-」の演出を担当していたテリーは、松方さんの起用は局からの「ビートたけしさんと一緒に松方さんを使いたい」という要望で決まったと明かした。

テリーは、「松方さんといえばビッグネーム。今と時代も違うんで、バラエティに出たこともない。松方さんにお願いできるのか、うまく良さを引き出せるか、本当にすごく不安だった」と振り返る。

しかし、松方さんは大物俳優でありながら、「自分はバラエティでは新人」と謙虚な態度で、ビートたけしを立てようと気遣ってくれた。たけしも松方を尊敬していたため、異色コンビは「すごく良い形」に収まったという。

松方さんも、バラエティ出演によって、自身のコワモテなイメージに変化があったことを喜んでいた。テリーは、松方さんが「新幹線に乗っても、今まではお客さんが俺の目を一切見なかった。でも『元気-』に出てから、みんな俺を見てニコニコするようになった。結構うれしいんだよな」と語っていたことを明かした。

「松方弘樹 出演作品」を無料配信中>>

映画『極道(やくざ)な月』本編を無料配信中>>


映画『実録 不退の松葉』本編を無料配信中>>


映画『横浜暗黒街~侠華~』本編を無料配信中>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ