ここから本文です

古畑星夏は、今年注目しておきたい女優の1人だ。フジテレビ系ドラマ「ラーメン大好き小泉さん」シリーズの中村美沙役でのツインテール姿から注目を集めて、昨年はTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、同局系ドラマ「咲-Saki-」と話題作に続けて出演。そして、1月28日より公開される映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』(監督:綾部真弥)で、ついに初主演をつかんだ。

2015年夏、19歳の彼女にインタビューしたときは、まだ演技の楽しさに目覚めたばかりという印象だった。あれから1年半がたち、いまやネクストブレークを期待される女優へと成長した古畑。今、何を思っているのだろう?

サムネイル

主演を務める古畑星夏 映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』(1月28日公開)


「人狼ゲーム」を実写化した劇場版第5弾『人狼ゲーム ラヴァーズ』予告編映像>>


■殺人シーンで悩んだ

映画『人狼ゲーム』シリーズでは、これまで桜庭ななみ、土屋太鳳(たお)、高月彩良、小島梨里杏たちが主演を務めており、"若手女優の登竜門"と注目されている。人気シリーズの最新作で初主演することになった古畑だが、役が決まったときは、緊張よりも喜びが大きかった。

サムネイル
2017年1月28日(土)より新宿武蔵野館ほか公開
(C)2017「人狼ゲーム ラヴァーズ」製作委員会


「もともと知っていた『人狼ゲーム』シリーズで、自分が主演を務めるとなってうれしかったです。これまでの主演女優さんたちは、演技力も爆発力もある方たちなので、『私、大丈夫かな?』とは思いましたが(笑)。でもやっぱり楽しさやうれしさの方が上でしたね」

サムネイル
2017年1月28日(土)より新宿武蔵野館ほか公開
(C)2017「人狼ゲーム ラヴァーズ」製作委員会



サムネイル
2017年1月28日(土)より新宿武蔵野館ほか公開
(C)2017「人狼ゲーム ラヴァーズ」製作委員会


パーティーゲーム"人狼"をモチーフとしたデスゲームを描いた『人狼ゲーム』シリーズだが、最新作『人狼ゲーム ラヴァーズ』は、参加者全員がそのデスゲームの経験者という設定。クセモノたちが、生き残りをかけた心理戦に再び挑む。古畑はこれまで、いかにも女子! という雰囲気のキャラクターを演じることが多かったが、今回は、目的のためなら手段を選ばないクールな主人公・蘭子役を演じた。初主演であると同時に新境地。演技の上で注意したポイントはどこだろう?

「人を殺したり、今までの人生で全然経験のないシーンが多かったので、どう演じたらいいのかわからなかった。あと、物語の順番通りに撮影が進んでいくわけじゃないから、テンションの上げ下げをコントロールするのも難しかったです」

■『人狼ゲーム』は"悩みに効く"映画!?

役者として、過酷な世界観にも没入しなければいけない。『人狼ゲーム』撮影中の支えとなったのが、共演者たちの存在だ。

「皆すごく仲良かったのが救いでしたね。仲良いから切り替えもできるんですよ。休憩中は、癒しの空間っていうか。全員めちゃくちゃ仲良くて、朝から夜まで撮影するんですけど、撮影終わっても大広間に集まってしゃべり続けたりして(笑)。仲が良いからこそ、激しいシーンも全力でぶつかることができました」

同年代の出演者が集まり、全員と親しくなったが、とくに梅津楓役を演じた女優・春川芽生は、今も頻繁に会うほどの仲なんだとか! ちなみに前回インタビュー時に「アクションをやってみたい」と語っていたが、今回ほんの少しだけだが、ナイフを使っての襲撃シーンに挑んだ。

「小さいときから強い女性が活躍する作品が好きだったので、ちょっと近づけたかなと。でもまだまだ動けるし、今後もアクションはやってみたいです!」

サムネイル
2017年1月28日(土)より新宿武蔵野館ほか公開
(C)2017「人狼ゲーム ラヴァーズ」製作委員会



極限状態の人間を描き、ショッキングなシーンも多い『人狼ゲーム ラヴァーズ』。しかし、古畑としては、悩んでいる人にこそ見てほしい作品だそう。

「監督や皆とも話したんですけど、どんなにつらくても死ぬのは絶対ダメだよねって。登場人物たちは、つらい過去を背負いながらも、目を背けないで闘っている姿が、本当にすてきなんです。強い人ばかりに見えるけど、弱い部分もあって......。挫折を超えてひとつ大人になって闘うっていうのは、必要なことだと思うんです。悩んでいる人に刺さる部分も多いんじゃないでしょうか?」

■素の古畑星夏は"グルメリポーター"に憧れる食いしん坊

サムネイル
主演を務める古畑星夏 映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』(1月28日公開)
(C)2017「人狼ゲーム ラヴァーズ」製作委員会



ネクストブレーク女優と注目されている古畑だが、本人も少々反響を実感しているらしい。

「Twitterでも、私の出ている作品の感想を言ってくれる人が増えたんです。『この作品を見てフォローしました』とか『好きになりました』とか言ってもらうことも去年は多かったので、少しは成長できているのかな? 反応があると、もっといろんな人に知ってもらいたい! とさらにやる気が湧いてきます。そのためにも2017年は、もっともっとがんばります!」

しかし、最近の露出増加で大変なことはないんだろうか?

「去年はいろんな作品に出させてもらいましたが、スケジュールがきついときもありました。体力なくて......。でもどうせなら、プライベートもお仕事も、全力で楽しくハッピーにやりたいなって。"毎日楽しく"やっていきたいんです。2017年は毎日楽しく、充実させたいです」

プライベートといえば、古畑は食べることが大好き。Instagramに、その日食べた料理の写真をアップしているが、メニューはラーメンからオシャレなカフェ飯まで多岐にわたる。「食べる動画」シリーズとして、食事風景を撮影したキュートな動画も公開しており、かわいい子が何かをおいしそうに食べている姿が大好きという人にとってはたまらない!

「食べるのが大好きで、甘い物も辛い物も炭水化物も全般好き! 休みの日は友達と一緒にどこかに出かけて、おいしいご飯を食べることが多いですね。だから『ラーメン大好き小泉さん』みたいな何か食べられる仕事は、『これだ!』と(笑)。食べる関係の仕事はもっとやりたいです。グルメリポーターとか、やってみたい!」

では、今ハマっている料理は?

「タイ料理! もともと好きなんですけど、よく会っている(春川)芽生がタイ料理好きで。だから最近はタイ料理をよく食べていますねー。......パクチーは苦手ですけど(笑)」

女優なので当然もとからキレイな人ではあるのだが、久々にインタビューすることになって、さらに美しさに磨きがかかっていることに驚いた。どんなエステよりも人前に立つことが人を一番美しくさせるとよく言うが、これもメディア露出が増えた影響か......! 果たしてネクストブレーク女優は、真のブレーク女優になれるのか? 古畑にとって正念場となりそうな2017年だが、どうか"毎日楽しく"乗り越えてほしい。

『人狼ゲーム ラヴァーズ』は、2017年1月28日(土)より新宿武蔵野館ほか公開。

サムネイル
2017年1月28日(土)より新宿武蔵野館ほか公開
(C)2017「人狼ゲーム ラヴァーズ」製作委員会



◆古畑星夏(ふるはた・せいか)
1996年7月8日生まれ、東京都出身。2009年にローティーン向けファッション誌『ニコラ』のモデルオーディションでグランプリを獲得。同誌専属モデルを約4年間務めて、現在はファッション誌『セブンティーン』専属モデルとして活動。近年は女優としても活躍する他、日本テレビ系「Going!Sports&News」の日曜お天気キャスターも担当している。
座右の銘は、「毎日楽しく」。2017年は初主演作1月28日公開映画「人狼ゲーム ラヴァーズ」を皮切りに、映画「咲-Saki-」(2月3日公開)、映画「一週間フレンズ。」(2月18日公開)と出演映画公開が続く。

(文/原田美紗@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ