ここから本文です

NHK大河ドラマ「真田丸」の公式サイトが本日2017年1月末をもって閉鎖する。近年の大河でもっともヒットした作品だっただけに、ファンからは惜しむ声があがっている。

サムネイル

堺雅人/Masato Sakai, Mar 16, 2013 : 映画「ひまわりと子犬の7日間」(平松恵美子監督)の初日舞台あいさつ(写真:MANTAN/アフロ)


「真田丸」は、堺雅人が主演、三谷幸喜が脚本担当で、戦国時代最後の名将・真田信繁(幸村)の人生を描いた物語。全50話の平均視聴率は16.6%(関東、ビデオリサーチ調べ)だったと報じられている。

そんな「真田丸」の公式サイトが、1月31日をもって閉鎖されることが発表された。ドラマ終了後の閉鎖は当然といえば当然なのだが、大ヒットを飛ばした「真田丸」公式サイトも例外ではないことに、ファンからは、

「公式サイトを見に行って寂しさがこみ上げてきて、本当のロスに突入」
「あらためて真田丸が終わっている現実を突きつけられて泣いてる」
「もう少し長く残してほしかった」
「資料としてアーカイブで残すべき」

といった声があがっている。

公式サイトは、史跡情報やキャストインタビュー、ムービーなどコンテンツが充実しており、ファンは、"別れ"を惜しみながら目に焼き付けているようだ。なお、「真田丸」公式Twitterも1月末をもって終了する。

真田丸の名シーン、実はドリフのコントがモデルだった!>>


草刈正雄と真田丸は運命で繋がっていた?>>


真田丸で描かれた嘘みたいな史実シーンとは>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ