ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。2月4日の放送では、俳優の池田努が登場しました。

サムネイル

池田努/Tsutomu Ikeda, Jan 29, 2016 : 舞台「『スーベニア』SOUVENIR~騒音の歌姫~」の制作発表(写真:MANTAN/アフロ)


「筋肉を盛るのにあそこを盛らないわけがない」自画像とは>>


■美術大学で油絵を学んだ本格派の自画像とは?

石原軍団の若手としてさまざまなドラマに出演している池田ですが、「自画像がトリッキーすぎて周囲からドン引きされていること」を反省します。池田はもともと美術大学で油絵を学んだ本格派。"自撮り"ならぬ自画像を公開しているのですが、それがとてもトリッキーというか、シュールなのです。

たとえば白狼(はくろう)とともに森を疾走する自分、鏡に向かってポーズをとる自分などを描いた作品があるのですが、いずれも全裸なのです。画力は確かですが、やっぱりちょっと引いてしまうかもしれませんね。

■有吉「筋肉を盛るのにあそこを盛らないわけがない」

池田は「自分の中の狂気を描いている」と説明しており、絵があまりにもシュールなためにその絵を描く池田の内面に関心が高まります。

絵には性器も描かれているのですが、見届け人でHKT48の指原莉乃から「それもリアルですか?」と聞かれ、池田は「盛っていません」とキッパリ。絵の中の池田はマッチョな体つきですが、「これはちょっと盛っています」と池田が言うと、MCでお笑い芸人の有吉弘行から「筋肉を盛るのにあそこを盛らないわけがない」と指摘されていました。

■有吉に「闇を描いた」絵をプレゼント

そんな池田は、有吉が内面に抱える闇を描いたという絵をもってきます。ファンタジーでもあり、狂気でもあり、ユーモラスでもある不思議な世界観をもつ絵を描く人でした。そんな池田への禊(みそぎ)は、「自画像通りの写真を撮る」。シュールな写真が撮れそうですが、こちらは近日公開の予定です。

このほか同番組の人気コーナー「反省パトロール特別編」として"雑ママタレ軍団"が登場。元女子プロレスラーの大向美智子、モデルの日菜あこがその雑なママぶりを指摘されます。

「有吉反省会」最新話を無料配信中>>

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ