ここから本文です

タレントのりゅうちぇるが、妻であるタレント・ぺこの父親にあいさつに行った際のエピソードを明かした。父親の質問に対する、「ぺこりんのためなら、プライドを捨ててでも頑張っていきたい」という自身の答えについて語った。

サムネイル

りゅうちぇる, Oct 12, 2016 : イベント「Naomi Presents『MERCARI HALLOWEEN 2016』」にて(写真:MANTAN/アフロ)


情熱大陸「タレント・読者モデル:りゅうちぇる」 2017年2月5日放送分を無料配信>>


2月5日放送のTBS系ドキュメンタリー「情熱大陸」は、りゅうちぇるに密着した。インタビュアーに「自分のやりたいことや発信したいことが世の中とズレてきたときにどうしますか?」とたずねられて、りゅうちぇるは、「それね、ぺこりんのおうちにあいさつに行ったとき、お父さんに同じこと言われた」と明かした。

もし人気が落ち目になったら、どうするのか? ぺこの父親の質問に対して、りゅうちぇるは、「自分を貫くことは絶対に曲げない。だけど、ぺこりんを守っていく上で、今のお仕事にこだわらず、いろんなことに挑戦していきたい。ぺこりんのためなら、プライドを捨ててでも頑張っていきたい」と答えたのだという。「めっちゃ緊張した。超緊張してやばかった。でも、そこでビビッてたら、世の中に気持ち伝えるなんて言ってられないよ」と語った。

りゅうちぇるは同番組で他にも、「僕だけは良い子でいなきゃ」と考えていた子供時代を振り返り、歌手業に憧れていることも告白。歌声を披露するなどした。

「情熱大陸」2月12日放送は......番組予告映像>>


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ