ここから本文です

俳優で歌手のディーン・フジオカが、4月から始まるテレビ朝日系ニュース情報番組「サタデーステーション」(毎週土曜20時54分~)に"インフルエンサー"として出演することが決定。さらに番組のエンディングテーマも担当する。

サムネイル

Japanese actor Dean Fujioka attends the 41st Elan d'or Award ceremony on February 2, 2017. (写真:アフロ)


■"ネクストレベル"な週末の夜に......

ディーンは、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で演じた五代友厚がハマリ役となり、それまで活躍していた香港や台湾からの逆輸入俳優として、日本でも大ブレーク。今ではバラエティ番組やCMキャラクターなど、さまざまな場所で顔を見かけるようになった。自ら作詞・作曲・プロデュースを手掛けるなど、音楽活動も含めた幅広い活動を行っている。

4月からスタートする「サタデーステーション」に、世間に影響を持つ人="インフルエンサー"として出演する。ニュース情報番組は初挑戦だが、米留学経験やアジア圏での芸能活動、4カ国語に堪能な国際的能力を生かし、新しい風を運んできてくれそうだ。

ディーン本人は、「少しでも番組進行のお役に立てるよう、より良い未来につながる変化や気付きのきっかけを作る問いかけや提案をしていければと考えております。『ネクストレベル』な週末の夜を視聴者の皆さんにお送りできるよう全力で頑張ります!」と意気込んでいる。

メインキャスターを務めるフリーアナウンサー・高島彩と共に、どんな新しい顔を見せてくれるのか? なおディーンは、不定期での出演となる。

■音楽活動もさらに活発化?

さらにディーンは、「サタデーステーション」と日曜夜「サンデーステーション」のエンディングテーマ曲も担当する。これまでにも、ディーン自身が監督・主演を務めた映画『I am ICHIHASHI』(2013)で、主題歌「My Dimension」を担当。軽快なロックサウンドに、ラップ交じりでノリ良くボーカルを乗せ、ミュージシャンとしても多彩な能力を発揮している。

マルチクリエイターの顔をみせるDEAN FUJIOKA「My Dimension」無料配信中>>


昨年はテレビアニメ『ユーリ!!! On ICE』のオープニングテーマとして、ディーンが作詞・作曲を担当した楽曲「History Maker」が起用された。そちらでは、フィギュアスケートに人生をかけるキャラクターたちの思いを表すような熱い歌声も披露している。日本でもミュージシャンとしての認知が徐々に広まってきている中、新曲も待ち遠しい。

作詞作曲、歌も担当した「ユーリ!!! on ICE」OP曲を無料配信中>>


ディーンは、今年2月に発表された日本映画テレビプロデューサー協会主催の「2017年 第41回エランドール賞」新人賞も受賞。日本での活動もすっかり安定してきており、国際派タレントとしてさらにマルチな才能を発揮して、新番組と共にディーン自身も"ネクストレベル"へと飛躍していきそうだ。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ