ここから本文です

エビ中ことアイドルグループ・私立恵比寿中学の松野莉奈さんが、2月8日未明に18歳で急死した。これまでエビ中に関わりのあったアーティストからも悲しみの声があがっている。

サムネイル

松野莉奈, Jun 18, 2016 : サークルKサンクス「焼きとり奉納」イベントに登場(写真:MANTAN/アフロ)


私立恵比寿中学 「ザ・ティッシュ ~とまらない青春~」(2012年リリース)無料配信>>


エビ中は、ロックバンド・氣志團が主催する音楽フェスに何度も出演しており、同バンドとは親交が深かった。氣志團の綾小路翔は、1日に東京国際フォーラムで開催された「港カヲル人間生活46周年コンサート」でもエビ中と共演したばかりだが、8日にTwitterで「どうしても、どうしても、どうしても言葉にならない。だって俺、先週一緒のステージでコントやってたんだぜ。昨日だって、大阪で一緒にコントやるはずだったんだぜ」と松野さんの訃報にショックを示した。

また、綾小路は9日未明にも「松野りななんのことがやっぱり頭から離れない。そんな時、宮藤官九郎さんからLINE。宮藤さんも同じ事を思っていた。一日中、無意識に呻き声を漏らしてしまっていたそう」とツイート。「エビ中のみんなはどうしているだろうか。僕らでも受け止められないのに。頑張れ、頑張れエビ中」と残されたエビ中メンバーたちを気遣った。

楽曲「サドンデス」をエビ中に書き下ろして、さらに同楽曲でMV初監督も務めたミュージシャン・岡崎体育は、「MVで太腿を掻く演技も嫌な顔一つせず全力でやってくれた事。レコーディングのとき難しい英語の歌詞をカタカナに直して一生懸命練習してた事。エビ中メンバーが大好きな事」と松野さんの思い出を振り返り、「僕が知る事ができた松野さんの人柄の良さを皆さんに伝えられたら、携わった者として幸いです」とTwitterにつづった。

「えびぞりダイアモンド!!」や「永遠に中学生」などエビ中のインディーズ時代から楽曲提供をおこなってきた、ヒャダインことミュージシャンの前山田健一は、8日にブログを更新。「まだ信じられません。こんなことあっていいわけないと思います。言葉が溢れますがこんなブログで言い切れないからただ安らかに眠っていることを祈ります」とやるせない思いをつづった。

エビ中は、T.M.Revolutionこと西川貴教が主催する音楽フェス「イナズマロックフェス」にも出演していた。西川は8日、「『イナズマロックフェス』を私立恵比寿中学の一員として素晴らしいパフォーマンスで会場を盛り上げて下さった松野莉奈さんの突然の訃報... 本当に残念でなりません。また成長した姿をイナズマに届けて欲しかったです」とTwitterでコメント。「メンバーのみんなも心配です... ファンの皆さん支えてあげて下さい」と呼びかけた。

ももいろクローバーZの妹分グループで知られるエビ中は、2009年8月に結成され、"king of 学芸会"をコンセプトに掲げている。さまざまなアーティストとのコラボなどで音楽好きからも注目を集めて、アイドルの枠を超えて活動中。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ