ここから本文です

フジテレビの笠井信輔アナウンサーが、女優・清水富美加の引退をめぐる騒動により、自身も仕事がキャンセルになったことを明かした。

サムネイル

清水富美加/Fumika Shimizu, Apr 06, 2016 :「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」について語った(写真:MANTAN/アフロ)


清水富美加 出演 4月1日公開映画『暗黒女子』劇場予告編映像>>


NHK連続テレビ小説「まれ」への出演をきっかけにブレークした清水だが、宗教団体「幸福の科学」の活動に専念するため出家して、芸能界引退する意向を表明した。笠井アナは、2月13日に放送されたフジテレビ系「とくダネ!」で、清水に主演映画『暗黒女子』(4月1日公開)についてインタビューする予定があったが、騒動の影響でキャンセルになってしまったことを明かした。「おととい映画の担当者から『いろんなことで騒ぎになっていて、連絡もとれなくて、インタビューもどうなるかわかりません』という形のSOSがスタッフに入ってきた」とあわただしい現場の様子を伝えている。

笠井アナは、同映画のキャッチコピー「あなたの予測をすべてブチ壊す」を引用して、「公開する前に、みんなの予測をブチ壊すようなことをやってしまっている」と皮肉交じりにコメントした。

『暗黒女子』は、清水と飯豊まりえがW主演する、女子高を舞台にしたサスペンス映画。経営者の娘で学園の人気者・白石いつみ役(飯豊まりえ)が謎の死を遂げ、いつみ主宰の文学サークルメンバーに殺人の疑いがかかる。同サークルメンバーである澄川小百合(清水富美加)は、いつみの死をテーマにした朗読会を開催し、物語の中で殺害犯を告発していく――。

清水富美加と内田理央「エンタ!371オンデマンド」>>


(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ