ここから本文です

女優・清水富美加の出家騒動が連日ワイドショーで取り上げられている。彼女の出世作である特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」(テレビ朝日系)のファンたちは、報道の中で同ドラマにネガティブなイメージが定着してしまわないかと危惧している。

サムネイル

清水富美加/Fumika Shimizu, May 14, 2016 :「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」の初日舞台あいさつ(写真:MANTAN/アフロ)


3、2、1......! 宇宙キターッ!「仮面ライダーフォーゼ」無料配信中>>


「仮面ライダーフォーゼ」は、2011年9月から全48話が放送された特撮ドラマ。リーゼント&短ラン姿という昭和の不良スタイルがトレードマークの高校生・如月弦太朗(福士蒼汰)が、歌星賢吾(高橋龍輝)の助けを借りて、宇宙のパワーで仮面ライダーに変身する物語で、清水はヒロイン・城島ユウキ役を演じていた。同ドラマをきっかけに清水は知名度を上げて、2015年放送のNHK連続テレビ小説「まれ」の蔵本一子役で本格ブレークを果たした。

「仮面ライダーフォーゼ」は、仮面ライダー生誕40周年記念作品であるのに加えて、ライダー史上初の学園青春ドラマ仕立てという意欲的な試みも採用された。また、東日本大震災後初めての新作ということで、制作陣の「子供たちを、とにかく明るい気持ちに、元気にしたい」という願いが込められている。それだけに長年の「仮面ライダー」ファンにとっても思い入れの深い作品となった。

しかし、清水が宗教団体「幸福の科学」に出家する意向を電撃表明。教団を通じて所属事務所への不満も明かしているが、その中で、「『仮面ライダーフォーゼ』撮影当時は睡眠時間3時間で1カ月働いても月給5万円だった」とも伝えている。そのため、一連の騒動を報じる際に「仮面ライダーフォーゼ」の音楽を使用する番組も出ている。

「仮面ライダーフォーゼ」ファンは、今回の騒動によって同ドラマにネガティブなイメージがついてしまうことを危惧しているらしい。Twitter上では、

「仮面ライダー全体のイメージダウンになりそうで嫌だ」
「もうフォーゼを純粋な気持ちで見られない」
「フォーゼは再放送できなくなるのかな」

と悲しむ声があがっている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ