ここから本文です

新感覚のロックサウンドを鳴らす"和楽器バンド"が、今年は国内外でさらなる飛躍を見せそうだ。米ツアーを収録したDVDのリリースや年明けの恒例イベント開催、最新アルバムのリリースも控えているなど、活動がますます活発化している。

サムネイル

提供:アフロ


海外で行われた和楽器バンドの迫力あるライブ映像「華火」>>


■新鮮な和洋混合サウンドで動画から人気に

和楽器バンドは、もともと詩吟をやっていたボーカルの鈴華ゆう子を筆頭に、師範レベルの和楽器奏者たちを含む8人組のロックバンド。和楽器で奏でられる音色に西洋の激しいロックサウンドを融合させ、新しい音楽を作り出している。

デビュー前は、それぞれプロとして個々に活動していたメンバーが集まり、動画サイトに"演奏してみた"動画をアップ。和太鼓や尺八、三味線などといった日本古来の伝統的な楽器でボーカロイドのヒット曲をカバーし、100万再生を超えるなど大きな話題を呼んだ。
2014年にはアルバム『ボカロ三昧』でメジャーデビュー。いきなりオリコン週間ランキング初登場5位にランクインするなど、きらびやかな和装スタイルのファッションも手伝って、音楽界に強烈なデビューを飾った。

■今年は新アルバムリリースにホールツアーも敢行!

昨年は和楽器バンドにとって初となる日本武道館公演を開催。海外でのライブ活動も積極的に続けている。今年1月25日にリリースされたDVD『WagakkiBand 1st US Tour 衝撃-DEEP IMPACT』には、昨年敢行した米ツアーの様子が収められており、現地のお客さんも魅了する彼らのステージを映像で体感できる。

2月17日・18日は、デビュー当時から続く恒例の年明け単独公演『和楽器バンド 大新年会2017 東京体育館 雪ノ宴・桜ノ宴』も行われる。さらに今年の和楽器バンドはさまざまな活動がめじろ押し。テレビ東京系「スノーボード&フリースタイルスキー世界選手権2017スペイン」のテーマソングとして起用されている新曲「Howling」が収録されるアルバム『四季彩-shikisai-』も3月22日にリリースされる予定だ。

4月22日からは、最新アルバムを引っさげてのツアー「和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori-」が行われることも発表。日本の動画メディア文化を出発点に、国内外を股にかけて活躍できるオリジナリティーを武器に人気が集まる和楽器バンド。他のアーティストの追随を許さないような独自の活躍を今年も見せてくれそうだ。

「反撃の刃」(from 『WagakkiBand 1st US Tour 衝撃 -DEEP IMPACT-』)>>


「詩吟 -胡隠君を尋ぬ-」(from 『WagakkiBand 1st US Tour 衝撃 -DEEP IMPACT-』)>>


「風鈴の唄うたい」(from 『WagakkiBand 1st US Tour 衝撃 -DEEP IMPACT-』)>>


「Strong Fate」(from 『WagakkiBand 1st US Tour 衝撃 -DEEP IMPACT-』)>>


「天樂」(from 『WagakkiBand 1st US Tour 衝撃 -DEEP IMPACT-』)>>


「Valkyrie -戦乙女-」(from 『WagakkiBand 1st US Tour 衝撃 -DEEP IMPACT-』)>>


(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ