ここから本文です

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、女優・清水富美加の引退騒動にコメント。自身の休業経験を踏まえて、「冷静な判断ができなくなる」と清水の心境に一定の理解を示した。

サムネイル

岡村隆史/Takashi Okamura(ナインティナイン/NINETY-NINE), Feb 21, 2015 : 特別バラエティー番組の会見 (写真:MANTAN/アフロ)


連日のように清水の宗教団体「幸福の科学」への出家騒動が報道されているが、2月16日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で岡村は、清水の騒動について言及。あまり仕事を一緒にしたことがないため、あくまで「もしもの話しかできない」と断った上で語った。

岡村も、過去に心身ともに追いつめられ、芸能活動を一時休業した経験がある。「心身ともにボロボロの状態やったとするならばですよ。冷静な判断って本当にできなくなるんですよ。僕もそうやったっていうのがありますから」と当時の状況を振り返り、「そういうときに藁(わら)をもつかむ思いやったとするならば、こういう選択もなくはない」と清水の選択にある程度理解を示した。

売れっ子女優の突然の出家を批判する芸能人も多いが、岡村は、「いろんな人が『もう大人なんだから、なんだかんだ』って言うけども、ホンマにボロボロのときって、ちゃんとした判断ってできないんですよ」と、清水が仕事の責任について考えられる状態ではないと憶測した。

ただし、岡村も清水の行動すべてを擁護するつもりではないらしい。清水が出家に至った経緯などを明かした書籍『全部、言っちゃうね。』を発売することについて、「俺がホンマにボロボロだったときは、何も手につかへん状態やった」「ホンマはどうなんかなと思ってしまう」と疑問を投げかけた。

清水富美加 出演 4月1日公開映画『暗黒女子』劇場予告編映像>>


(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ