夫の前で男に抱かれる人妻の痴態...性欲におぼれる男女のドロドロ愛憎劇『不倫妻~渇いた女、いけない恋~』

2022/5/19 17:51

「ピンク四天王」のひとり、佐野和宏監督の映画『不倫妻~渇いた女、いけない恋~』(1991年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて5月26日23時59分まで無料配信中。劇中の数あるラブシーンの中でも、人妻が眠る夫の隣で彼の友人と情事に及ぶシーンが衝撃的だ。

サムネイル
映画『不倫妻~渇いた女、いけない恋~』


「ダメ、声が出ちゃう」と、人妻は眠る夫の隣で彼の友人と肌を重ねる。一方で、友人の男は不倫相手の妹とも肉体関係を持ち......!? 官能映画『不倫妻~渇いた女、いけない恋~』を無料配信中>>

数々のピンク映画作品を世に生み出した佐藤寿保、サトウトシキ、瀬々敬久、佐野和宏の4人は「ピンク四天王」と呼ばれ、ミニシアター系の映画ファンからの評価も高い。その中のひとり、佐野和宏がメガホンを取った『不倫妻~渇いた女、いけない恋~』は、不倫に堕ちていく男女の欲望を描いた物語だ。

画家の佐々木は、友人の妻・佐知子と不倫関係を続けている。やがて、佐々木が彼女の妹とも肉体関係を持ったことで、佐知子の夫や妹の恋人を含む男女の関係はさらに歪(ゆが)みだす――。

「友人の妻と不倫関係」というだけでも背徳的だが、さらに佐々木は友人が酔って眠ったことをいいことに彼の隣で佐知子と情事に及ぶ。彼女は「ダメ、声が出ちゃう」と喘(あえ)ぎ声を抑えるために下着を口にくわえて快楽にもだえるのだ。夫の寝言に驚いて性行為を中断したかと思えば、ベッドが揺れるほど激しく体を求め合い、佐知子は佐々木とスリルを味わう。翌朝、夫が出勤した後に彼女が「ねぇ、今なら大きな声が出せるわ」とリビングで再び佐々木と情事に耽(ふけ)る姿にもドキッとさせられる。

やがて、佐々木は佐知子の妹が描く絵画に引き込まれて、彼女とも肌を重ねてしまう。そんなとき佐知子の妊娠が発覚し、同時に彼女の夫に不倫がバレてしまう......。性欲に抗えない男女が迎える修羅場に震えるだろう。

「ダメ、声が出ちゃう」と、人妻は眠る夫の隣で彼の友人と肌を重ねる。一方で、友人の男は不倫相手の妹とも肉体関係を持ち......!? 官能映画『不倫妻~渇いた女、いけない恋~』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW