美女ヒロイン&親友の夫の"寝取り"ラブシーン...女のおぞましい執着に背筋が凍る映画『略奪愛』

2022/5/19 17:27

映画『略奪愛』(1991年)を動画配信サービス「GYAO!」にて5月29日23時59分まで無料配信中。若かりし頃の女優・黒木瞳が、親友の夫を奪おうと狂気に走るヒロインに扮(ふん)し、背徳感たっぷりの不倫ラブシーンを演じている。

サムネイル
映画『略奪愛』


「好きなら奪う。たとえ、それが親友の夫でも」......略奪愛に燃えるヒロイン(黒木瞳)は、親友の夫と何度も情事に及ぶ。女たちのド修羅場が壮絶な映画『略奪愛』を無料配信中>>

縁談を断って上京した落合妙子(黒木瞳)は、親友・白石由美(萬田久子)が勤める設計事務所に入社した。そこで、同僚のインテリアデザイナー・水上康夫(古尾谷雅人)にひと目惚(ぼ)れするが、彼は由美のフィアンセだった。しかし、妙子の康夫へのいちずな思いは日を追って激しくなるばかりで、彼が由美と結婚しても諦められないのだった――。

ヒロイン・妙子役で主演したのは、公開当時30代前半の黒木瞳。たとえ親友の夫でも愛してしまった男を手に入れるためには手段を選ばない、危険な女になりきった。黒木演じる妙子が親友の夫・康夫を誘惑し、肌を重ねるシーンは背徳感たっぷり。ベッドまで待てないのか、ふたりはキッチンカウンターで情事に及んでおり、妙子が出しっぱなしの水道水でびしょ濡(ぬ)れになりながら喘(あえ)ぐ姿にドキッとさせられる。

サムネイル
映画『略奪愛』


その後も妙子は康夫と何度も逢瀬(おうせ)を重ねて体を求め合うが、ついに由美に彼との関係がバレてしまう。妙子の由美に対する嫌がらせや康夫へのストーカー行為も恐ろしいが、クライマックスで描かれる女性たちの修羅場には特に震える。ドロドロの三角関係となった男女が迎える衝撃的なラストまで見逃せない!

「好きなら奪う。たとえ、それが親友の夫でも」......略奪愛に燃えるヒロイン(黒木瞳)は、親友の夫と何度も情事に及ぶ。女たちのド修羅場が壮絶な映画『略奪愛』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW