女子高生が教師と性的関係? 情事映像が流出? ネット社会の闇と加虐性にゾッとする映画『飢えたライオン』

2022/5/20 17:00

ネット社会の闇を描いた映画『飢えたライオン』(2017年)を動画配信サービス「GYAO!」にて6月9日23時59分まで無料配信中。高校教師が性犯罪で逮捕された騒動を発端に、ヒロインの女子高生が「性犯罪の被害者」というデマによって追い詰められていく姿が壮絶だ。

サムネイル
映画『飢えたライオン』


流出した担任教師の性的動画を発端に、ヒロインの女子高生は絶望を味わう......。執拗(しつよう)な嫌がらせを受け、家族や恋人にすら信じてもらえない彼女が選んだ"衝撃の選択"とは? 映画『飢えたライオン』を無料配信中>>

ある朝のホームルームで、女子高生・瞳のクラスを担任する男性教師が未成年への淫行容疑で警察に連行された。それからほどなくして担任教師の性的な動画が流出し、彼の相手が瞳だというウワサが学校内で流れ始める――。

「そんなデマはすぐに忘れられるだろう」と笑っていた瞳だったが、周囲の人間に問い詰められて、次第に不安に駆られていく。友人、教師、家族、恋人にも信じてもらえないだけでなく、校内を越えて広まったウワサの影響で、彼女は周囲の男性から「性の対象」として見られ、危険な目にも遭うのだ。瞳がクラスメイトから嫌がらせを受けて孤立していく姿や、「あれ、あたしじゃない」「なんであんなデマ、みんな信じるんだろ」とつぶやく姿が悲痛だ。

やがて瞳は死を望むようになり、ついには最悪の事件が起きてしまう。事件をきっかけにマスコミの報道は過熱し、ネット上で情報が拡散され、社会によって瞳の「虚像」が作られていく......。フェイクニュースにあふれた現代が舞台の映画『飢えたライオン』は、ネット社会における「加虐性」や無意識に加虐に加担する人間の「邪悪さ」が鮮明に描かれており、リアルな世界観にヒヤッとさせられるはずだ。

サムネイル
映画『飢えたライオン』


流出した担任教師の性的動画を発端に、ヒロインの女子高生は絶望を味わう......。執拗(しつよう)な嫌がらせを受け、家族や恋人にすら信じてもらえない彼女が選んだ"衝撃の選択"とは? 映画『飢えたライオン』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW