"俳優"石崎ひゅーいのエモ弾き語りシーンをもう一度...主題歌『花束』の流れが完璧な『警視庁・捜査一課長season6』第6話

2022/5/23 17:05

シンガーソングライターの石崎ひゅーいが、主題歌を担当するテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長season6』第6話にゲスト出演した。謎のミュージシャン役として、主題歌『花束』を弾き語りをするシーンもあり、物語の感動的な展開に華を添えた。

サムネイル
警視庁・捜査一課長 season6 第6話


謎のミュージシャン役・石崎ひゅーいの路上弾き語りシーンにグッとくる! 石崎による主題歌『花束』が流れる「ホシあげシーン」が感動的なドラマ『警視庁・捜査一課長season6』を無料配信中>>

『警視庁・捜査一課長』は、シリーズ誕生10周年を迎える人気ミステリードラマ。"ヒラから成り上がった叩(たた)き上げの刑事"大岩純一(内藤剛志)の活躍が描かれている。5月19日に放送された第6シーズン第6話で、大岩ら刑事たちは"スーツが全然似合っていない遺体"をめぐる事件を捜査した。

ゲストの石崎ひゅーいが演じたのは、謎のミュージシャン・日向石雄(ひゅうが・いしお)役。石崎は、『警視庁・捜査一課長』の前シーズンにも同じ役で登場したことがあったほか、現在の第6シーズンでは主題歌も担当している。そんな彼の演技はもちろん、「日向石雄」としてドラマの主題歌である『花束』を弾き語りで披露するシーンも見どころだ。優しい歌声と、バラードのメロディが耳に心地いい。弾き語りのシーンにファンは大喜びで、Twitter上では「ひゅーいの歌声の方に聴き入ってしまう...」「俳優ひゅーい、かっこよすぎ。ひゅーいファンのエキストラで参加させてくださーい」「レギュラーでぜひ!」といった声が続出した。

石崎の弾き語りのシーンから続くようにBGMで主題歌『花束』が流れる中、大岩刑事が被害者の無念を晴らすべく「必ず、ホシをあげる!」と決意するシーンも感動的だ。「BGMひゅーいでのホシあげとか激アツすぎるだろ 最終回のそれだぞ」「このドラマは本当に音楽の使い方が上手」といった声も寄せられている。

謎のミュージシャン役・石崎ひゅーいの路上弾き語りシーンにグッとくる! 石崎による主題歌『花束』が流れる「ホシあげシーン」が感動的なドラマ『警視庁・捜査一課長season6』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW