「ムズい!」連発で悪戦苦闘の堂本剛、ENDRECHERIの新曲『LOVE VS. LOVE』レコーディング現場に密着/『つよしP』#10

2022/5/26 18:00

シンガー・ソングライターデビュー20周年を迎える堂本剛によるプロジェクト「堂本剛プロデュース」の一環として、動画配信サービス「GYAO!」にて配信中の番組『つよしP』#10(5月28日配信)では、前半に楽曲制作現場に密着し、後半では新曲『LOVEVS.LOVE』のレコーディング現場に密着、さらに新曲の一部が公開される。制作中に飛び出した堂本剛ならではの経験したからこそ語れる言葉やライブの様子、音楽関係者との対談など、ここでしか見られない映像が満載だ。

サムネイル
『つよしP』#10


楽曲制作の裏側に密着! 悪戦苦闘する新曲『LOVEVS.LOVE』のレコーディング風景もチラ見せ『つよしP』#10の予告編配信中>>

5月29日に発売される堂本剛のプロジェクト・ENDRECHERI(エンドリケリー)の初デジタルシングル『LOVE VS. LOVE』の制作は、今年1月某日に始まった。この日集まったのは、堂本剛とキーボーディストでアレンジャーのGakushi。新曲の制作はデモ制作ということで音楽スタジオではなく、だだっ広いリハーサル室の一角で行われた。堂本剛いわく、「『ここで作るの?』みたいなところで(曲を)作るとちょっと燃えるっていうか、なんかスタジオみたいなところに行くと落ち着いちゃってダラダラしちゃって。家でひとりでやってても凝り固まって出来上がっちゃうし、今思いついたことを今入れていってる」とのこと。どうやら、その場のひらめきや空気感を大事にしているようだ。

堂本剛が弾くベースのフレーズをGakushiがパソコン上にデータで打ち込んだり、まだ歌詩がないメロディーを堂本剛がハミングで録音したり......。ふたりは、広いリハーサル室の一角からほとんど動かず、こぢんまりと制作を進めていった。一見順調な進行のようだが、スタジオに場所を移してのレコーディングでは、堂本剛が「ムズい!」と何度もボーカルのリテイクを重ね、悪戦苦闘する場面も。なお、LINELIVEでは5月28日(土)に新曲『LOVE VS. LOVE』デジタルリリース直前配信も実施予定なのでお楽しみに。

楽曲制作の裏側に密着! 悪戦苦闘する新曲『LOVEVS.LOVE』のレコーディング風景もチラ見せ『つよしP』#10の予告編配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)