貞操帯をつけた人妻に「あたしを犯してください」と求められ...日活ロマンポルノ映画『秘本 袖と袖』を無料配信中

2022/5/27 18:15

日活ロマンポルノ映画『秘本 袖と袖』(1974年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて5月31日23時59分まで無料配信中。友人の妹と肉体関係を持つ小説家が、夫に貞操帯をつけられた人妻との情事におぼれていく物語だ。

サムネイル
映画『秘本 袖と袖』


貞操帯をつけた人妻、友人の妹、飲み屋の酌婦など、美女たちの濃厚ラブシーンが満載! ふたりの女と肉体関係を持った小説家はどちらを選ぶのか? 映画『秘本 袖と袖』を無料配信中>>

日活ロマンポルノとは、1971年~88年の間に製作・公開された、日活による成人映画レーベルのこと。「10分に1回、"絡み"のシーンを作る」「上映時間は70分程度」といった一定のルールさえ守れば比較的自由に作品づくりができる環境によって、個性的な役者やスタッフを次々と輩出した。配信中の『秘本 袖と袖』は、近代日本「三大奇書」のひとつをロマンポルノとして実写映画化したものだ。

小説家の鶴田栗之助は、執筆の傍ら友人の妹・常子に英語を教えている。ある雨の夜、彼はとある屋敷に招かれて人妻の君子と出会った。君子の夫は日霧戦争に出征中の軍人で、彼女は長い間の禁欲生活に耐えられず、知り合いの若い男と情事に耽(ふけ)っていた――。

サムネイル
映画『秘本 袖と袖』


鶴田はもともと常子と肉体関係を持っているが、妖艶な君子に欲情してしまう。君子の股間には、なんと彼女の夫がつけた貞操帯がはめられていた。驚く鶴田だったが、「さあ、ヤッてください。あたしを犯してください」と君子に迫られて肌を重ねてしまう。その後もふたりは逢瀬(おうせ)を重ねて、何度も情事に及ぶ......。鶴田と常子のラブシーンも見どころで、兄がひとつ屋根の下にいるにもかかわらず、常子が声を我慢せず喘(あえ)ぐ姿も刺激的だ。

やがて君子は、夫と別れて鶴田と結婚することを決意する。そんなとき、鶴田の元に常子が訪ねてきて......!? 常子の兄と飲み屋の酌婦を含めた男女の恋愛模様は波乱に満ちており、終始ドキドキが止まらないはずだ。

貞操帯をつけた人妻、友人の妹、飲み屋の酌婦など、美女たちの濃厚ラブシーンが満載! ふたりの女と肉体関係を持った小説家はどちらを選ぶのか? 映画『秘本 袖と袖』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW