妹は姉の婚約者を寝取り...いびつな姉妹愛と男女のドロドロ三角関係を描いた日活ロマンポルノ映画『夜汽車の女』

2022/5/31 17:50

日活ロマンポルノ映画『夜汽車の女』(1972年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて6月5日23時59分まで無料配信中。ひとりの男をめぐる美人姉妹の愛憎が描かれており、愛する姉を奪われたくないあまり、妹が姉の婚約者と肌を重ねるシーンが衝撃的だ。

サムネイル
映画『夜汽車の女』


「こんなこと続けてて、父や姉に知られたらどうするの?」......愛する姉の結婚を阻止するべく、妹は姉の婚約者と何度も肌を重ねる。寝取りラブシーンや姉妹の戯れ入浴シーンにドキドキの映画『夜汽車の女』を無料配信中>>

日活ロマンポルノとは、1971年~88年の間に製作・公開された、日活による成人映画レーベルのこと。「10分に1回、"絡み"のシーンを作る」「上映時間は70分程度」といった一定のルールさえ守れば比較的自由に作品づくりができる環境によって、個性的な役者やスタッフを次々と輩出した。

考古学者の水城元には、長女の裕美(続圭子)と次女の冴子(田中真理)という娘がいた。姉妹は仲が良く、特に冴子の姉に対する愛情は異常なまでに強いものだった。ある日、裕美に水城の大学研究室に所属する有川との結婚話が持ち上がる。彼女に異存はなかったが、姉が奪われることを危惧した冴子は大反対するのだった――。

サムネイル
映画『夜汽車の女』


姉の結婚の邪魔をするべく、冴子は有川を誘惑する。家族が全員外出しているのをいいことに、彼女は有川を自宅近くの森に連れ込んで肌を重ね、それから自宅リビングでも大胆に体を求め合う。その後何度も逢瀬(おうせ)を重ねて、彼はあっという間に冴子に夢中になってしまった。冴子が艶めかしい体を震わせて快楽に喘(あえ)ぐ姿に加え、「こんなこと続けてて、父や姉に知られたらどうするの?」と有川を翻弄(ほんろう)する笑顔にドキッとさせられる。

また、ゆがんだ姉妹愛をあふれさせる冴子と裕美の刺激的なシーンも見どころ。姉妹が一緒に入浴するシーンでは、冴子が裕美の胸に触るだけでなく、「お姉様の胸ってマシュマロみたい」と胸に吸い付いつくのだ。「ダメよ冴ちゃん、くすぐったいわ。もう、いけない子ね」と裕美は笑うだけで、ふたりは戯れ続ける......。その後、有川と妹の関係を知った裕美が取った行動とは? クライマックスで描かれる姉妹たちの壮絶な愛憎に驚くだろう。

「こんなこと続けてて、父や姉に知られたらどうするの?」......愛する姉の結婚を阻止するべく、妹は姉の婚約者と何度も肌を重ねる。寝取りラブシーンや姉妹の戯れ入浴シーンにドキドキの映画『夜汽車の女』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW