全身タイツにお面...謎の作家・雨穴のダンスが夢に出てきそう! シュールなエンディングがクセになる『何かおかしい』

2022/6/ 2 18:05

オカルトホラー作家でYouTuberの雨穴が原案を務めたドラマ『何かおかしい』(テレビ東京系、毎週火曜深夜0時30分~)が5月31日より放送スタートした。終始不気味な物語はもちろん、原案者である雨穴が踊りまくるエンディング映像も夢に出てきそうなほどクセがある。

サムネイル
何かおかしい 第1話


見れば見るほど妖しい世界観にハマる(!?)謎の作家・雨穴がひたすら踊るエンディング映像......。「何かおかしい」ことだらけなオカルト・ホラードラマ『何かおかしい』を無料配信中>>

とあるラジオ局を舞台にした『何かおかしい』は、ラジオの生放送番組に届いたメッセージがきっかけとなって悲劇が起きていく"リアルタイム進行型ホラー"番組。同ドラマの原案を務めたのは、インターネットを中心に活動するオカルトホラー作家・雨穴だ。雨穴は原案を担当しただけでなく、ドラマ本編やエンディングにも出演している。

エンディング映像は、パソコンの画面の中で雨穴がひたすらダンスをする不思議な世界観が魅力。雨穴はおなじみの黒の全身タイツに白いお面をつけたビジュアルで、ゆらゆら揺れるように踊っている。エンディングテーマに起用された女優で歌手の三浦透子の楽曲『intersolid』の、ミステリアスな歌詞や凛(りん)とした歌声は映像とマッチしており、夢か現かわからない妖しい世界観に仕上がっている。一度見たらクセになる映像だ。

もちろん、ドラマ本編のストーリーも要チェック。第1話は閉園間近の遊園地が舞台となっており、謎のお面を被った集団や、喋る人形が不気味だ。遊園地で起きたある事件の真実や衝撃展開に背筋が凍るだろう。

見れば見るほど妖しい世界観にハマる(!?)謎の作家・雨穴がひたすら踊るエンディング映像......。「何かおかしい」ことだらけなオカルト・ホラードラマ『何かおかしい』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW