元人気セクシー女優・希志あいのの官能「ゴムプレイ」シーン...ラバースーツ姿が刺激的な映画『ラバーズ ~覆う女~』

2022/6/ 6 17:48

元人気セクシー女優・希志あいのの主演映画『ラバーズ ~覆う女~』(2010年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて6月15日23時59分まで無料配信中。本作では、「ラバーフェチ」な美女に扮(ふん)した希志が、ラバースーツ姿でラブシーンを演じている。

サムネイル
映画『ラバーズ ~覆う女~』


ラバーフェチな美女(希志あいの)は、素肌にラバースーツをまとって自慰にふけり、男と情事に及ぶ。職場の控室で、ゴム手袋をつけた男に美女が体をまさぐられるシーンにもドキドキ! 映画『ラバーズ ~覆う女~』を無料配信中>>

弁当工場で働く村田沙夜子(希志あいの)は、「ラバーフェチ」であることを誰にも打ち明けられないでいる。彼女は、家に帰ると真っ先にラバースーツを着用し、体を締め付けるゴムのトリコになっていた。そんなある日、工場に新しい主任・木下慎治(山本浩司)が配属されてくる。趣味が合う彼と急接近した沙夜子は、「この人なら、自分を受け入れてくれるかもしれない」と思い始める――。

サムネイル
映画『ラバーズ ~覆う女~』


「ラバースーツを着ないと濡(ぬ)れない」というヒロイン役を演じたのは、元人気セクシー女優の希志あいの。素肌の上にツヤのある全身黒のラバースーツをまとい、自慰に耽(ふけ)るシーンやラブシーンを演じた。希志演じるヒロイン・沙夜子は、ラバースーツを着ることで性的興奮を覚え、その姿のまま木下とキスを交わして何度も体を求め合う。誰もいない職場の控室で、ゴム手袋をつけた木下に沙夜子が体をまさぐられるシーンもあり、「こういうのも、ちょっと興奮するね」とふたりでスリルを味わう姿が刺激的だ。

しかし、ちょっとしたことから沙夜子と木下はすれ違っていく。そんなとき、沙夜子が勤務中に倒れてしまい......!? ラバーフェチなヒロインの恋模様の行方を最後まで見届けたくなるはずだ。

ラバーフェチな美女(希志あいの)は、素肌にラバースーツをまとって自慰にふけり、男と情事に及ぶ。職場の控室で、ゴム手袋をつけた男に美女が体をまさぐられるシーンにもドキドキ! 映画『ラバーズ ~覆う女~』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW