圧倒的"美"な20代半ばの綾野剛にうっとり...殺人鬼役と映像美に見とれる映画『すみれ人形』

2022/6/23 17:21

映画『すみれ人形』(2007年)を動画配信サービス「GYAO!」にて7月3日23時59分まで無料配信中。当時20代半ばの俳優・綾野剛が、肩まで伸びた長髪のビジュアルで美しい殺人鬼役を演じている。

サムネイル
映画『すみれ人形』


若き日の綾野剛が黒髪を肩まで伸ばし、美しい殺人鬼役に。穏やかな笑顔から一転した妖しい笑みや、美女を追いかけ回す姿に背筋が凍る! 官能と幻想の映像美にうなる映画『すみれ人形』を無料配信中>>

ある地方都市の寂れた寄席に、奇妙な腹話術人形劇を演じる男がいた。男の名前は文月(小谷建仁)といい、自分の妹と同じ名前の人形「すみれ」と会話をする。彼の妹・すみれは、5年前に切断された右腕だけを残して姿を消していた。腹話術師をしながら妹を探し続ける文月は、ある日訪れたストリップ小屋で、すみれの面影を強く感じさせる美女・蜜子(山田キヌヲ)を見かける――。

当時20代半ばだった綾野剛が演じたのは、主人公の妹・すみれと出会う青年・緑川役。黒髪を肩まで伸ばし、中性的な雰囲気がただよう美青年になりきった。綾野が演じた緑川は、一見すると物腰が穏やかな好青年だが、実は複数人の女性を殺害して腕を切断する殺人鬼だ。たまたま出会ったすみれも、彼のターゲットになってしまう。本性をさらけ出した緑川の妖しいまなざしや、彼がすみれを追いかけ回す姿、彼女の手を自身の顔に寄せて愛でる姿が恐ろしい。

サムネイル
映画『すみれ人形』


また、映画『すみれ人形』は、官能と幻想が融合した映像美も見どころ。美女の艶めかしいストリップショーのほか、廃虚や森、滝といったロケーションも、見ている者を幻惑の世界へ誘い込む。妖しい雰囲気がただよう世界で、消えた美女をめぐって男たちが血にまみれていくストーリーにも注目だ。

若き日の綾野剛が黒髪を肩まで伸ばし、美しい殺人鬼役に。穏やかな笑顔から一転した妖しい笑みや、美女を追いかけ回す姿に背筋が凍る! 官能と幻想の映像美にうなる映画『すみれ人形』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW