"誘拐されたい人妻"に欲情して拘束し...『リング』中田秀夫監督によるサスペンス映画『カオス』

2022/6/17 17:00

若き日の女優・中谷美紀が、「狂言誘拐を企てる人妻」役を演じた映画『カオス』(2000年)を動画配信サービス「GYAO!」にて7月5日23時59分まで無料配信中。中谷扮(ふん)する人妻が、共犯者の男に拘束されて乱暴されそうになるなど、衝撃的なシーンが満載だ。

サムネイル
映画『カオス』


「狂言誘拐だとバレないためのリアリティ」を演出するため、男は"誘拐した"人妻(中谷美紀)をロープで拘束して、さらに彼女を襲い......!? 男女関係の闇深さに震えるサスペンス映画『カオス』を無料配信中>>

本作は、推理作家・歌野晶午のミステリー小説を『リング』シリーズなどで知られるホラー界の巨匠・中田秀夫監督が実写化したもの。冴(さ)えない便利屋の黒田(萩原聖人)は、若く美しい人妻・佐織理(中谷美紀)から狂言誘拐の依頼を受ける。彼女の夫に多額の身代金を要求して、計画は順調に進んでいたと思われたが――!?

サムネイル
映画『カオス』


人妻のヒロイン役を演じたのは、公開当時20代前半だった中谷美紀。黒のロングヘアと胸元が開いたドレス姿が美しい、謎めいた雰囲気の人妻になりきった。中谷演じる佐織理は、「狂言だとバレないためのリアリティ」を演出するために、便利屋の黒田にロープで縛られる。しかし、色気あふれる佐織理に欲情したのか、黒田は抵抗できない彼女にキスをして体をまさぐりはじめ......!? 「これが本当のリアリティです、奥さん」と、あくまでも演技だったと明かす黒田と、混乱と恐怖が入り混じったまま無言の佐織理が印象に残る。

やがて、順調だったはずの狂言誘拐計画は、佐織理が何者かに殺されたことで思わぬ方向へと発展する。黒田は、死んだはずの佐織理にそっくりな女性と出会い、さらなる危険な犯罪に関わっていくのだ。狂言誘拐計画に隠された真実と、男女関係の闇に恐怖するだろう。

「狂言誘拐だとバレないためのリアリティ」を演出するため、男は"誘拐した"人妻(中谷美紀)をロープで拘束して、さらに彼女を襲い......!? 男女関係の闇深さに震えるサスペンス映画『カオス』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW