若き後妻や女性客、女子高生らの情事を目撃し...男子高生が性に目覚めていく青春✕官能映画『欲望の海』

2022/6/21 18:29

官能映画『欲望の海』(1984年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて7月5日23時59分まで無料配信中。父親が若い後妻と、スナックのマスターが女性客や女子高生たちと情事に及ぶ姿を目撃し、男子高生が性に目覚めていくストーリーだ。

サムネイル
映画『欲望の海』


父親✕若い後妻、バーのマスター✕女性客の濃厚ラブシーン......数々の情事を目撃した男子高生が取った衝撃的な行動とは? 官能映画『欲望の海』を無料配信中>>

映画『欲望の海』は、『ヴァイブレータ』や『余命1ヶ月の花嫁』で知られる廣木隆一の監督デビュー作。主人公の高校生・達夫は、父親が若い後妻を連れてきたことで毎日複雑な気分で過ごしている。達夫にとって、スナックのマスター・小野寺は良き相談相手だ。ある日、達夫は海岸で見かけた女子高生に惹(ひ)かれるが、小野寺も彼女に目をつけていた――。

達夫は、自宅で父親と後妻の情事を夜な夜なこっそりのぞき見る。後妻は「すごいわ、あなた」と快楽に喘いでおり、夫婦の激しい"夜の営み"に思春期の達夫が悶々(もんもん)とするのは無理もない。また、バーのマスター・小野寺が「良いもん見せてやろうか」と、店の女性客との情事を達夫に見せつけるシーンもある。「よく見てろよ、これが女ってもんだ」と、小野寺が女の体をまさぐる姿は刺激的だ。さらに彼が達夫に女子高生との情事を見せつけようとする展開もあり、刺激的な描写の数々に驚かされる。

サムネイル
映画『欲望の海』


やがて達夫は、さまざまな女のあられもない姿を目にしていく中で暴走していく。「女はみんな同じだっていうのかよ」と、彼が衝撃的な行動に出るラストシーンに注目だ。

父親✕若い後妻、バーのマスター✕女性客の濃厚ラブシーン......数々の情事を目撃した男子高生が取った衝撃的な行動とは? 官能映画『欲望の海』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW