女子大生は濃厚でリアルな"自慰ショー"で金を稼ぎ...官能映画『女子大生 教師の前で』

2022/7/ 1 17:45

官能映画『女子大生 教師の前で』(1983年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて7月19日23時59分まで無料配信中。女子大生が金を稼ぐために「自慰を客に見せるショー」を始めるストーリーで、彼女の艶めかしい体にドキッとさせられる。

サムネイル
映画『女子大生 教師の前で』


女子大生はクライスメイトと「レズビアンTIME」というタイトルで"自慰ショー"をし......。まるで私生活をのぞき見ている気分になる、女子大生のソロショーも刺激的! 官能映画『女子大生 教師の前で』を無料配信中>>

女子大生の孝子は、クラスメイトの美加がバイトで月60万円も稼いでいると知り、彼女に頼んで仕事を紹介してもらう。仕事は、いわゆる「のぞき部屋」と呼ばれるもので、マジックミラーのある部屋で女性が自慰をし、その姿を個室にいる客にのぞかせるエロティックなショーだった。孝子は、大学に真面目に通いながら、のぞき部屋の仕事で大金を得ていく――。

孝子の初仕事は、美加と「レズビアンTIME」というショータイトルで自慰をするものだった。「テニスサークルに所属する女子大生」という設定のもと、ふたりは互いに服を脱がせ合い、ラケットや手で互いの敏感な部分をなで回し、キスを交わす......。ソロデビューした孝子のショーも見どころで、彼女が自宅から持ってきた植木鉢やテーブルなどで、のぞき部屋を自分の部屋の雰囲気に近づけ、その中で自慰を披露する姿が生々しい。ショーではなく、まるで本当に女子大生のエロティックな日常をのぞいている気分にさせられるのだ。

やがて、孝子のショーの内容はどんどんエスカレートしていく。ついに彼女は、よりリアリティを演出するために驚きの行動に出るが......!? どこまでが現実でどこまでがショーか、もはやあいまいな孝子のショーのトリコになるだろう。

女子大生はクライスメイトと「レズビアンTIME」というタイトルで"自慰ショー"をし......。まるで私生活をのぞき見ている気分になる、女子大生のソロショーも刺激的! 官能映画『女子大生 教師の前で』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW