欲求不満な人妻の車内不倫ラブシーン...劣情に燃える男女を描いた日活ロマンポルノ映画『ラブハンター 熱い肌』

2022/7/ 4 17:05

日活ロマンポルノ映画『ラブハンター 熱い肌』(1972年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて7月11日23時59分まで無料配信中。性的不能な夫をもつ人妻が、かつての恋人と不倫に走っており、車内で情事に及ぶ姿が背徳感たっぷりに描かれている。

サムネイル
映画『ラブハンター 熱い肌』


欲求不満な人妻は、かつての恋人とこっそり車内で体を求め合う......。人妻とサディスティックな不能夫の刺激的なプレイにも目を奪われる。日活ロマンポルノ映画『ラブハンター 熱い肌』を無料配信中>>

日活ロマンポルノとは、1971年~88年の間に製作・公開された、日活による成人映画レーベルのこと。「10分に1回、"絡み"のシーンを作る」「上映時間は70分程度」といった一定のルールさえ守れば比較的自由に作品づくりができる環境によって、個性的な役者やスタッフを次々と輩出した。

矢野志摩子は、かつて自分が運転する車で事故を起こし、同乗していた夫・和彦を性的不能にしてしまった。事故以来、夫の強い愛はサディスティックなものに変わり、性行為ができない志摩子は体をうずかせている。ついに我慢の限界に達した彼女は、昔の恋人・祐介と肉体関係をもってしまうが――。

かつて恋人同士だったとはいえ、人妻になった志摩子と祐介の関係は不倫だ。しかし、ふたりは性欲に抗えず、狭い車の中で肌を重ねる。「シワになるわ......」と自ら服を脱いだ志摩子は、快感のあまり身をよじらせて悩ましい声を上げ続ける。志摩子と祐介の背徳的な情事にドキッとする一方で、ふたりの性行為を怪しい若者たちがのぞいているシーンや、志摩子らが乗る車が崖から転落し、祐介が死んでしまう展開に驚かされる。

事故で志摩子だけが一命を取り留める中、夫・和彦に彼女の不倫がバレてしまう。それでも「離婚は絶対にしない」という和彦は、ケガで抵抗できない妻の裸体に噛(か)みつき、いたぶり、彼女を束縛して愛し続ける......。ゆがんだ愛におぼれる和彦、そんな夫から逃れようと再び不倫に走る志摩子、そして彼女に惚(ほ)れてしまった若い男ら男女は、全員が意外な結末を迎えており、衝撃を受けるだろう。

サムネイル
映画『ラブハンター 熱い肌』


欲求不満な人妻は、かつての恋人とこっそり車内で体を求め合う......。人妻とサディスティックな不能夫の刺激的なプレイにも目を奪われる。日活ロマンポルノ映画『ラブハンター 熱い肌』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW