ラブホや野外で情事を激写! 盗撮カメラマン✕ミステリアス少女の"究極愛"を描いた映画『盗撮 タートルビジョン』

2022/7/13 17:45

官能映画『盗撮 タートルビジョン』(1991年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて7月30日23時59分まで無料配信中。主人公のカメラマンが、ラブホテルや野外で繰り広げられる他人の情事を盗撮する中で、危険な雰囲気をただよわせる少女に出会うストーリーだ。

サムネイル
映画『盗撮 タートルビジョン』


盗撮カメラマンが見つけた少女。彼女は、夜道で見知らぬ男に抱かれたあと、男の目をカッターナイフで切り裂く......。サスペンス展開にゾクゾクの官能映画『盗撮 タートルビジョン』を無料配信中>>

盗撮をなりわいにするカメラマンの男は、街中で不思議な少女を見かける。彼女は、声をかけてくる男たちと夜の裏道で肌を重ねていた。少女たちの痴態を盗撮し始めたカメラマンは、彼女が男をカッターナイフで刺す瞬間を目撃してしまう――!

主人公のカメラマンは、公園や路地裏などに張り込んで、見知らぬ男女の痴態をカメラに収めている。ラブホテルにカメラを仕掛け、カメラマン自身が風俗嬢と性行為をして、その様子を盗撮することもある。そんな彼が撮影する映像は生々しいものばかりで、マニアの間では大評判だ。まるで自分自身が物陰からのぞいている気分になる映像の数々は、背徳感たっぷりでドキッとさせられる。

サムネイル
映画『盗撮 タートルビジョン』


一方で、奇行を繰り返す少女と、彼女の姉を巻き込んだサスペンス展開に震える。実は、盗撮カメラマンは彼女の姉と過去に最悪の出会いをしており、時を経て姉妹に翻弄(ほんろう)されていくのだ。彼は、少女と肌を重ねる中で何を見たのか? 血にまみれた惨劇の果てにある究極の愛とは?

なお、本作で監督を務めたのは、数々のピンク映画作品を世に生み出した佐藤寿保だ。佐藤監督はサトウトシキ、瀬々敬久、佐野和宏と共に「ピンク四天王」と呼ばれ、ミニシアター系の映画ファンからの評価も高い。そんな佐藤監督の映画『盗撮 タートルビジョン』は、背徳的な行為である盗撮と、エロス、サイコホラーの要素が融合しており、終始ドキドキが止まらない。

盗撮カメラマンが見つけた少女。彼女は、夜道で見知らぬ男に抱かれたあと、男の目をカッターナイフで切り裂く......。サスペンス展開にゾクゾクの官能映画『盗撮 タートルビジョン』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW