"闇深メガネ教師"中島裕翔がいる高校に通いたい! 冷酷な心の声&美しいピアノ演奏に"ゾクキュン"な『純愛ディソナンス』

2022/7/15 19:25

Hey! Say! JUMP・中島裕翔の主演ドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系、毎週木曜22時~)が7月14日より放送スタートした。高校の音楽教師役を演じる中島がピアノを演奏するシーンや、闇を抱えたダークな演技が、ファンを歓喜させている。

サムネイル
純愛ディソナンス #1 禁断の愛が、運命の歯車を狂わせる


Hey! Say! JUMP・中島裕翔が初挑戦したピアノ演奏シーンは、月に照らされる彼の美しい横顔&長い指に注目して"おかわり視聴"すべし! ドラマ『純愛ディソナンス』を無料配信中>>

同ドラマは、新任の音楽教師・新田正樹(中島裕翔)と女子高生・和泉冴(吉川愛)の"純愛"を軸に話が進む完全オリジナルストーリー。第1話は、大学の先輩・小坂由希乃(筧美和子)に頼まれた正樹が、彼女の後任として桐谷高校に赴任し、夜の学校で冴と出会うストーリーだった。

音楽教師の主人公・正樹役を演じるのは、Hey! Say! JUMPの中島裕翔。人生で初めてピアノに挑戦しており、夜の学校でピアノを演奏するシーンが見どころだ。彼が奏でる優しいメロディはもちろん、月明かりに照らされた中島本人も美しい。

中島演じる正樹は、規律正しい両親に育てられ、出来のいい兄と常に比較されたことで強いコンプレックスを感じている。表向きは生徒に理解がある好青年だが、内心は打算的だ。そんな心に闇を抱えた正樹が、「この世の中で生きていくのに必要なことは、相手が望むものを与えることだけだ」と心の中でつぶやき、メガネを押し上げて冷ややかに笑う姿にゾクッとさせられる。

中島が二面性のあるメガネ教師役を演じ、ピアノの演奏シーンまで披露したことにファンは大興奮。Twitter上では「窓から差し込む月の光の中でメガネを外してピアノを弾く先生...かっこいいに決まってるじゃん」「横顔も指もキレイ。思わず見惚(ほ)れてしまう」「闇と影がある新田先生にいろんな意味でゾクゾク」「闇があるの、めちゃくちゃ刺さる。心の声が冷たい感じ良いな」「あんな高校教師、女子生徒は1000好きになるだろ」といった声で盛り上がっている。

Hey! Say! JUMP・中島裕翔が初挑戦したピアノ演奏シーンは、月に照らされる彼の美しい横顔&長い指に注目して"おかわり視聴"すべし! ドラマ『純愛ディソナンス』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW