犯罪者たちがすしの女体盛りパーティー!? 故・千葉真一さんも出演した米国クライム・サスペンス映画『SUSHI GIRL』

2022/8/ 3 18:00

米国発のクライム・サスペンス映画『SUSHI GIRL(スシガール)』(2011年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて8月19日23時59分まで無料配信中。ある因縁を持つ犯罪者たちが、すしを体に載せた全裸美女の周囲で血にまみれたかけ引きを繰り広げる姿が衝撃的だ。

サムネイル
映画『スシガール』


日本の職人により、裸体に芸術的にすしを盛られた美女。彼女の体の敏感な部分には、毒があるかもしれないフグが載せられていて......!? 女体盛りパーティーから一転、拷問ショーに変わった犯罪者たちの宴の行方に驚く映画『SUSHI GIRL』を無料配信中>>

強盗事件を起こしたフィッシュは、ほかの仲間について黙秘したまま刑務所で6年間服役していた。ようやく出所したその夜、彼は4人の仲間たちに出迎えられて出所祝いのパーティーに参加する。表面上は笑顔な仲間たちだったが、いつしか男たちは過去の盗品や昔の因縁などをめぐって険悪になり、フィッシュを拷問し始める――!

パーティーのメインディッシュは、なんと美女の裸体にすしを並べた、いわゆる「女体盛り」。テーブルの中心に横たわる美女は、日本のすし職人によってすしを芸術的に盛り付けられており、ほとんどのネタは一般的なものだが、体の敏感な部分には毒があるかもしれないフグが載せられている。彼女は、職人から事前に「何を見聞きしても器に徹しろ」と言われており、犯罪者たちに舐(な)め回すように見られても、体に触れられても無反応だ。男たちにすしを食べられるたび、彼女の体の大事な部分があらわになっていく様にドキッとする。

そんな"スシガール"の前で繰り広げられる、フィッシュの拷問シーンも衝撃的だ。殴る蹴るの暴力に加え、仲間たちから太ももの上に金槌(かなづち)で箸を突き刺され、ガラスの破片が詰まった布袋で殴られ、ペンチで歯を抜かれるなどして、フィッシュは血まみれのボロボロ状態になっていく......。あまりにも痛々しい描写の数々は目を覆いたくなるだろう。華やかな出所パーティーから、最悪の拷問ショーに変わった会場で、一部始終の目撃者となったスシガールが見たものとは?

なお、本作には2021年8月に逝去した俳優の千葉真一さんが寿司職人役で出演してる。出演時間はわずかだが、特にラストシーンの彼の活躍には思わずうなるはずだ。

サムネイル
映画『スシガール』


サムネイル
映画『スシガール』


日本の職人により、裸体に芸術的にすしを盛られた美女。彼女の体の敏感な部分には、毒があるかもしれないフグが載せられていて......!? 女体盛りパーティーから一転、拷問ショーに変わった犯罪者たちの宴の行方に驚く映画『SUSHI GIRL』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW