夫を殺したのは本当に前科4犯の毒婦なのか? 桃井かおり✕岩下志麻の演技合戦に圧倒されるサスペンス映画『疑惑』

2022/8/ 4 17:25

心理サスペンス映画『疑惑』(1982年)を動画配信サービス「GYAO!」にて8月14日23時59分まで無料配信中。女優の桃井かおりが夫殺しの疑いがかかった前科4犯の後妻役、岩下志麻が冷徹な敏腕弁護士役を演じており、法廷でのふたりの対決シーンに息を呑(の)む。

サムネイル
映画『疑惑』


"前科4犯の高慢な毒婦"桃井かおりVS"理性の塊な冷徹弁護士"岩下志麻のガチンコ法廷対決にゾクゾク! 判決確定後の女たちの本音の会話に震えが止まらない映画『疑惑』を無料配信中>>

原作は、社会派推理小説の巨匠・松本清張の同名小説。九州で実際に起きた3億円保険金事件をヒントに松本が執筆した同名小説は、これまで何度も映像化されてきた。「GYAO!」で配信中の映画版は、とある財閥の白河福太郎(仲谷昇)と、彼の後妻・球磨子(桃井かおり)が乗っていた車が海に転落するところから始まる。球磨子はなんとか助かるが、3億円の保険金がかけられていた福太郎は溺死してしまう。やがて、事故の目撃者の証言で球磨子が逮捕されてしまい――!?

本作は、なんといっても若き日の名女優たちの共演が見どころ。夫殺しの容疑者となる後妻・球磨子役を演じたのは桃井かおりだ。桃井演じる球磨子は、過去に恐喝や暴行、サギ、傷害の前科があるため、多くの人間に「保険金目当てで事故と見せかけて夫を殺した」と疑われてしまう。「圧倒的に不利な立場ながらも傲慢(ごうまん)な態度をとる毒婦」になりきった桃井の怪演に驚くだろう。

一方、そんな球磨子を弁護する敏腕弁護士・佐原律子役を演じたのは岩下志麻だ。難航する球磨子の弁護に果敢に挑み、抜かりなく事件を調査していくクールな弁護士になりきった。桃井と岩下という2大女優が法廷で繰り広げた迫真のかけあいに息を呑む。

女たちの対決の果てにある、驚きの判決とは!? クライマックスで描かれる判決確定後のシーンも衝撃的で、最後の最後まで目が離せない。

サムネイル
映画『疑惑』


"前科4犯の高慢な毒婦"桃井かおりVS"理性の塊な冷徹弁護士"岩下志麻のガチンコ法廷対決にゾクゾク! 判決確定後の女たちの本音の会話に震えが止まらない映画『疑惑』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW