"幸運の女神"は"裏雀士(うらじゃんし)"と情事で乱れ...男女の欲望だらけな麻雀✕エロス映画『雀神』

2022/8/ 5 18:30

麻雀(マージャン)をテーマにしたエロス映画『雀神』(2010年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて8月22日23時59分まで無料配信中。ラブシーンが満載の本作は、多額の借金を抱えるヒロインと、麻雀で金を荒稼ぎする"裏雀士"の男の情事が特に官能的だ。

サムネイル
映画『雀神』


強運の持ち主なヒロイン✕裏雀士の"慰めラブシーン"にドキッ! 闘牌(とうはい)シーンや、登場人物たちの複雑な人間関係が明らかになる物語も見応えがあるエロス映画『雀神』を無料配信中>>

ヒロインのアタルは、学生時代からいじめられ、大人になった今も恋人に裏切られて3000万円を持ち逃げされた。自殺を決意してビルから飛び降りた彼女だったが、ちょうど真下にいた「国士無双の剛」という異名をもつ裏雀士・剛毅がクッションとなったことで、ケガひとつせずに助かる。代わりにケガをした毅は、「ビルから飛び降りて無事だったこの女は運をもっている」と確信し、アタルに自分の代わりに裏麻雀の対戦をさせる。ルールは知っているものの対戦は初だったアタルはなぜか勝利し、毅のすすめで高額賞金が出る裏麻雀大会に出場することになる――。

数あるラブシーンの中でも、アタルと毅が初めて結ばれるシーンが見どころ。つらい過去を思い出したアタルに毅は寄り添い、ベッドで彼女を優しく抱くのだ。豊満な胸を揺らし、快楽に喘(あえ)ぐアタルが色っぽい。涙するアタルを毅が再び慰め、ふたりが激しく体を求め合う姿や、情事後に裸のまま密着して寝そべる姿にもドキドキ......。

たびたび描かれる官能的なシーンはもちろん、闘牌(対局における戦いの模様や展開のこと)のシーンにも注目。裏麻雀大会の予選を大三元で通過したスゴ腕雀士の男は、アタルと因縁がある人物で......!? アタルとスゴ腕雀士の男、さらに彼女の亡き父など、登場人物たちの複雑な人間関係が明らかになるストーリーにも夢中になるはずだ。

サムネイル
映画『雀神』


強運の持ち主なヒロイン✕裏雀士の"慰めラブシーン"にドキッ! 闘牌(とうはい)シーンや、登場人物たちの複雑な人間関係が明らかになる物語も見応えがあるエロス映画『雀神』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW