ここから本文です

会社員として働く人からするとあまりなじみのないフリーランスという働き方。自由に働けるというメリットがありつつも、「どうやってなるの?」「食っていけるものなの?」と疑問に思うところがあるのでは。フリーランスとして働く方に「なる前にチェックすること」「資質」「続け方」の3点について聞いてみました。

サムネイル

■フリーランスになる前に

「それなりの貯金は必要。今までと同じように、安定した収入がもらえるとは限らないので」(31歳/女性)

「健康診断を受けておくこと。フリーになりたてだと忙しく、つい後回しにしてしまうので」(28歳/男性)

「勇気と度胸、それから思いきりがあれば、とりあえずはフリーになれる」(27歳/男性)

 フリーになるために必要なものは、やる気と健康な体ということでしょうか。それにお金があれば安心してフリーランスをはじめられそうです。

■フリーランスに必要な資質

「それなりに楽観的であることは必要だと思います。仕事が少なくなったときに思いつめてしまう可能性がある人はつらいかと」(30歳/女性)

「趣味はあったほうがいい。働き続けるためのモチベーションになるから。そうでないと、別にそんなにがんばらなくていいか、などと向上心も失ってしまう」(26歳/女性)

 仕事を一生懸命やるのは良いことですが、そればかりになってしまうと、大きなストレスを抱えることに。気楽に、そして自分の楽しみを持つことが大切なようです。

■フリーランスを続けるためには

「『これなら誰にも負けない!』という得意分野をひとつ作ること。自分を売り込むときに『日本でこの仕事ができるのは私しかいません』ぐらい言い切るのが目標」(30歳/女性)

「時間管理、締切管理ができること。フリーだと誰も自分を律してくれません。なまけていて痛い目に遭うのは自分。時間管理ができない自覚がある人は、フリーにならないほうがいい」(32歳/男性)

「自分がいま取り組んでいる仕事が好きかどうか。いざというときに、それがふんばれる理由になります」(28歳/女性)

「仕事は人と人とのつながり。能力も大切ですが、また一緒に仕事をしたいと思ってもらえる人柄かどうか、ということが重要だと思います。陰口は言わない、周りの人たちのいいところを見つける努力をする。あと、言ったことは常に忘れないようにしています」(32歳/女性)

 フリーになるのは簡単、でも、続けるのは難しいというのがほとんどの方の意見でした。ひとつのことを続けていくというのはどんな分野でも大変なことですね。


フリーランスとして働く人が大事にしていることは、ある意味仕事の基本ともいえることかもしれません。普段の仕事で、少し気をつけてみると、今までとちょっと違った成果が得られるかもしれませんね。

(ふくだりょうこ+プレスラボ)




【関連記事】





Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ