ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。2月25日の放送では、タレントの飯星景子が登場しました。

サムネイル

有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Mar 21, 2013 : 4月スタートの新番組「有吉反省会」(日本テレビ系)の会見に登場(写真:MANTAN/アフロ)




■香港アクション大スター、ドニー・イェン好きすぎを反省

飯星は、「香港映画界のアクションスター、ドニー・イェンが好きすぎて仕事関係者を怒らせていること」を反省しにやってきました。飯星はドニーファン歴10年以上、ブログにもその熱い思いを書きつづり、1回の更新でなんと1万字も書いてしまうことも。自身で「不治の病かも」と言っているほどの熱狂ぶりです。

■有吉も友近も岩井志麻子も名前間違える

スタジオでは、MCでお笑い芸人の有吉弘行が「誰かこの人知っています?」と見届け人たちに聞きますが、誰も反応ありません。これを見て飯星はややムッとした様子。有吉は名前もちゃんと言えないほどで、これには飯星が「ドニー・イェンです。しっかり覚えて帰るように」と怒り出すほどでした。

こういうベテラン女性が登場する回は、だいたい熱く語る本人、それを冷ややかな目で見る周囲という構図がお決まりですが、今回もこの例にもれません。あげくに見届け人でお笑い芸人の友近が「トミー・フェブラリー」、ひな壇ゲストで作家の岩井志麻子が「トニー・谷」と名前を間違えるなど、ドニーの知名度の低さ(日本以外のアジアでは大スター)をネタにしたコメントがウケていました。飯星が熱く語るほど冷めていくスタジオという温度差が見どころです。

■禊では番組おなじみのチャラい50代男が登場

そんな飯星への禊(みそぎ)は、「ドニーと同世代の50代男性と1日デート」。同番組ではおなじみのチャラい50代男性が登場します。どんなデートになるのか。これが意外といい雰囲気でした。この模様も放送されます。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ