ここから本文です

コミック累計発行部数 6,200 万部を突破している大ヒット漫画『進撃の巨人』(作:諫山創)のアニメ第2期が、4月1日より放送される。7月28日より千葉・舞浜アンフィシアターにて初の舞台が上演されることも決定しており、2017年は何度目かの"進撃イヤー"と言える年になりそうだ。テレビアニメ『進撃の巨人』Season2の放送開始に先駆けて、映像配信サービス「GYAO!」では、Season1の全25話を2月27日(月)から順次配信する。(毎週 月・水・土更新)

サムネイル

提供:アフロ


テレビアニメ『進撃の巨人』Season1全25話を順次配信>>(毎週 月・水・土更新)

『進撃の巨人』は、2009年より『別冊少年マガジン』で連載中の、人類と巨人の闘いを描いたダークファンタジー漫画。テレビアニメのSeason1は2013年4月より放送開始され、その後、劇場版2部作 「劇場版『進撃の巨人』前編~紅蓮の弓矢~」および「劇場版『進撃の巨人』後編~自由の翼~」も公開された。

自動車ブランド「スバル」やJRA(日本中央競馬会)とのコラボ企画も実施され、アニメのオープニングテーマ「紅蓮の弓矢」を担当した音楽プロジェクト・Linked Horizon(リンクトホライズン)は第64回NHK紅白歌合戦への出場も果たした。特別漫画に興味がない人でも、2013年当時は『進撃の巨人』を目にしない日はなかったかもしれない。

そのブームも一段落したかと思いきや、2017年は再び『進撃の巨人』旋風が吹き荒れそうだ。まず、4月1日よりテレビアニメ『進撃の巨人』Season2がいよいよ放送スタートする。巨人の正体など、多くの謎を残したままSeason1は最終回を迎えたが、Season2で明かされるのだろうか?

4月1日放送開始 アニメ「進撃の巨人」Season2 PV第1弾映像>>


さらに、7月28日~9月3日に舞浜アンフィシアターにて上演される舞台にも注目が集まっている。巨人たちはもちろん、空中アクションを可能にしている"立体機動装置"といった原作の描写が、舞台という形式で一体どのように再現されるのか。すでにキャストも発表済みだが、主人公・エレン役には有名バレエコンクールでの受賞経験もある俳優・三浦宏規、ヒロインのミカサ役にはアクション女優の佃井皆美(つくいみなみ)が起用されており、キャストの身体能力がかなり重視されている様子。他にもシルク・ドゥ・ソレイユの元アーティストやオリンピック経験者など、世界的パフォーマー含め総勢150名のキャストがそろう。

連載中の原作もさまざまな伏線が回収されていき、着々とラストに向かっているのを感じさせる。大きな動きがめじろ押しで、2017年は再び『進撃の巨人』から目が離せない!

なお、映像配信サービス「GYAO!」では、テレビアニメ『進撃の巨人』Season2も本放送スタート翌日の4月2日より毎週日曜12時~「GYAO!」で最速先行配信される。

テレビアニメ『進撃の巨人』Season1全25話を順次配信>>(毎週 月・水・土更新)

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ