ここから本文です

乃木坂46が最新曲「インフルエンサー」のMVで過去最高の高速ダンスを披露しているが、その陰には汗と涙を流す苦労があったようだ。

サムネイル

乃木坂46/Nogizaka46, Aug 31, 2015 : 「真夏の全国ツアー2015」(写真:MANTAN/アフロ)


乃木坂46 「インフルエンサー」ミュージックビデオを配信中>>


■高速振り付けによる気迫のダンスシーン

乃木坂46は17枚目のシングル「インフルエンサー」を3月22日にリリース。ミュージックビデオには、E-girlsやきゃりーぱみゅぱみゅなどを手掛けてきたSeishiroを初めて振付師として迎えている。乃木坂のメンバー全員がノースリーブの衣装に身を包み、スラリと伸びた腕を大きく舞わせて踊っている姿がとても印象的な映像だ。そのダイナミックな激しい動きが"超高速ダンス"と話題になっている。

いつも以上に凛(りん)とした表情を浮かべながら踊るメンバーだが、一度のミスが致命的になる特殊なダンスだったため、撮影中のミスにより何度も撮り直しを余儀なくされたらしい。極限の状態に挑み、撮影中もひたすら練習を続けるも、なかなかイメージしたようにダンスができない悔しさから涙を流すメンバーもいたことが明かされている。

乃木坂46過去最高の速さを誇る「インフルエンサー」のダンスは、メンバーたちが真剣に取り組んだ甲斐(かい)あってか、気迫のこもったキレのある仕上がりになっている。

■過酷なダンスで急成長!?

「インフルエンサー」の映像監督は、乃木坂46のミュージックビデオを多く手掛けている丸山健志氏。乃木坂46のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方~Documentary of 乃木坂46~』の監督も務めている。

東急プラザ銀座の「KIRIKO LOUNGE」で撮影されたメンバー全員によるダンスシーンは、銀座の夜景をバックにメンバーの大人びた表情も捉えられている。過酷なダンスへの挑戦が、乃木坂メンバーを大きく成長させるきっかけになっているかもしれない。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ