ここから本文です

歌手・青山テルマの、バラエティでのぶっちゃけトークが好評。今年迎える10周年に向けて、再ブレークの兆しが見えている。

サムネイル

提供:アフロ


青山テルマ 「My Only Lover」ミュージックビデオ>>


■「ビビらせたら大丈夫」豪快エピソード

青山は2007年にメジャーデビューし、翌年にシンガーソングライター・SoulJaとコラボレートした「ここにいるよ feat.青山テルマ」が大ヒット。一躍時の人となり、その後「ここにいるよ」のアンサーソング「そばにいるね feat.SoulJa」をリリースし、R&B系の楽曲を中心に音楽活動を続けていた。

青山テルマ feat. SoulJa 「そばにいるね」ミュージックビデオ>>


昨年には日本テレビ系バラエティ「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」に出演。「大概ビビらせたら大丈夫。そいつらよりクレイジーになればいい」とイジメにもやり返していた子供時代を明かしたり、「SNS上で特定の誰かに発信する女」をバッサリ切ったり、意外なトーク力の高さを発揮した。それまでのアーティスト然としたイメージを大きく裏切る豪快なエピソードの数々に、視聴者から大きな反響が起こっていた。

今年に入ってからもバラエティ番組に出演し続けており、再び青山の存在に注目が集まっている。そんな中、10周年を迎える今年、第1弾作品として、デジタルシングル「My Only Lover」を2月8日にリリース。フランスの化粧品メーカー「ゲラン」とコラボレートした、恋心を誘うポップなラブソングで、以前にも増して力強くなったボーカルを聞かせている。

■音楽、バラエティの両面でブレークの兆し?

「そばにいるね」以降は大ヒットに恵まれなかったものの、エキゾチックなルックスも手伝い、カラフルで独特なファッションやアートワークも発信し続けていた青山。昨今のバラエティ番組出演により、かつてのファンや新しいファンの支持も集まれば、10周年のアニバーサリーイヤーという節目に、楽曲の方でも再ブレークが望めるかもしれない。青山は、デビュー10周年を迎える今年9月に向けて、今後もどんな楽曲を聞かせてくれるのだろうか?

「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」2017年3月7日放送分を無料配信中>>

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ