ここから本文です

大原櫻子が初の単独MCを務める音楽トーク番組「さくch(さくちゃん)」(毎週水曜日21時更新)が3月15日に配信される。毎回タイムリーなアーティストが登場する同番組の2回目のゲストに招かれたのは、藤原さくら。普段から親交が深い2人は、トークも自然体。2人のプライベートな雰囲気も垣間見られる、にぎやかな回となった。

サムネイル

3月15日(水)21時配信! 大原櫻子が単独MCを務める音楽トーク番組「さくch」


大原櫻子の音楽トーク番組「さくch」(毎週水曜21時配信)>>

■理想の共演は「バイク映画」!?

サムネイル
3月15日(水)21時配信、第二回ゲストは藤原さくら


大原と藤原の出会いは約3年前、共に出演していたライブの現場だったそう。2人は

大原: 「さくらちゃんのことは、歌の雰囲気ですごくおっとりした人を想像していたから、実際に話しかけると『あ、どうもどうも~』みたいな軽いノリで返されて、第一印象はすごくびっくりした」

藤原: 「よく言われるの! おとなしい子だと思われるんだけど、実際に会った人たちからは『意外と適当な感じなんだね』と言われる(笑)」

と出会った当時を振り返る。

共に歌手だけではなく女優活動も行う2人は、共演してみたいドラマや映画の話題に。

藤原: 「ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)でバイクのシーンがあって楽しかったから、一緒にドラマや映画で共演するとしたら、コンビを組んでバイクに乗って『来いよ!』とかやりたいね!」

大原: 「体を動かすの好き! アクションもやりたい。バイクに乗る映画に出よう!」

■二人の"理想の恋愛"は......

互いに普段の顔を知っているからこそ、歌手や女優としての話だけではなく、2人の日常会話のような女子トークも満載だった、第2回目の「さくch」。"理想の恋愛"を語られる場面や、ほかにもマッチョ好きを公言している藤原は、プロ体操選手・内村航平のサイン会に参加した話を大原から暴露されてしまっていた。

サムネイル
3月15日(水)21時配信! 大原櫻子が単独MCを務める音楽トーク番組「さくch」


■大原の楽曲「大好き」を藤原がギター片手に弾き語りで披露

第1回でも行われたゲストの「お気に入りベスト5」コーナーでは、藤原が音楽にまつわるアイテムから、普段の生活での愛用品などを紹介した。さらにこの日は、大原の楽曲「大好き」を藤原がギター片手に弾き語りで披露。番組で歌うことを急遽決めたという藤原のなめらかな演奏に、「すごい!何ですぐそんな弾けて歌えるの!?」と、大原も大感激の様子。

また、2月22日から配信されている藤原の新曲「春の歌」についても番組内で紹介された。3月18日に前編、4月22日に後編が公開される映画『3月のライオン』の後編主題歌に起用されている「春の歌」は、ご存知スピッツのカバー。みんなが知っている名曲をカバーするに当たり、アーティスト同士ならではの話も展開された。

サムネイル
配信は3月8日より3月29日の1カ月、毎週水曜日更新の全4回を予定


第2回目の「さくch」は、歌手・女優として第一線で活躍する若き女性アーティスト2人による、等身大の本音トーク満載。なお同番組は3DVRでも配信され、近くで一緒にトークを楽しんでいるかのような臨場感あふれるバーチャルな世界観も楽しめる。

◆藤原さくら
福岡県出身、21歳。父の影響を受け10歳で初めてギターを手にする。2014年、高校卒業と上京を機に、オリジナルアルバム『full bloom』でインディーズデビュー。 2015年、スピードスターレコーズよりミニアルバム『a la carte』でメジャーデビュー。音楽のみならず2016年にはフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」にヒロイン役として出演。演技初挑戦ながら存在感を発揮した。2017年春に、前・後編2部作で公開される人気コミック『3月のライオン』の実写映画化の後編にて主題歌を担当することが決まっている。
※「a la carte」の「a」はグレイヴ・アクセントつきが正式表記。

◆大原櫻子
1996年、東京都生まれ。2013年、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビュー。2016年、全公演完全ソールドアウトとなった3rdツアーを開催し、ツアーファイナルは自身初となる日本武道館公演(追加公演含め2DAYS)を成功させた。今年5月15日からは、自身初主演となる舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』への出演が決定している。


「さくch」#1ゲスト「東京スカパラダイスオーケストラ」出演回をアーカイブ配信中>>


(文/岩木理恵@HEW
(写真:中村好伸)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ