ここから本文です

日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」(毎週水曜22時~)が、来週3月22日で最終回を迎える。3月15日放送の第9話では、主人公のアラサー女子3人に今度こそ幸せな恋愛の兆しが見えたり見えなかったりの、まだまだ予測不能な展開が繰り広げられた。

サムネイル

吉高由里子/Yuriko Yoshitaka, Feb 13, 2014 : 第68回毎日映画コンクール表彰式(写真:MANTAN/アフロ)


「東京タラレバ娘」最新話を無料配信中>>


東京タラレバ娘 最終回直前 1~3話振り返りSP 第1話>>
東京タラレバ娘 最終回直前 1~3話振り返りSP 第2話>>
東京タラレバ娘 最終回直前 1~3話振り返りSP 第3話>>

■揺れ続ける3人の幸せの形

ドラマ「東京タラレバ娘」は、「キレイになれば、いい男が現れる」「好きになれたら、結婚できる」などと、「タラレバ」話で盛り上がるうちに気づけばアラサーになっていた独身女子3人の物語。売れない脚本家で恋愛から遠ざかっている鎌田倫子(吉高由里子)、バンドマンの元彼・鮫島涼(平岡祐太)のセカンドポジションに収まっているネイリストの山川香(榮倉奈々)、居酒屋「呑んべえ」の看板娘で、既婚者の丸井良男(田中圭)と不倫関係にある鳥居小雪(大島優子)が、それぞれ悩みながら人生を進めていく。

3月15日放送の第9話では、倫子がテレビ局プロデューサーの早坂哲朗(鈴木亮平)と付き合い始めて、"フツウ"の幸せをかみしめる。また、香は涼との別れを決意して、婚活を再スタート。小雪は、妻が出産で里帰りしている間に丸井の家に1泊するが、翌朝妻の緊急帝王切開の知らせが入り、丸井の家に1人取り残されてしまう。

モデルのKEY(坂口健太郎)は、亡き妻の義父から「娘のことは忘れてほしい」と言われて大きなショックを受ける。KEYは初対面時に辛口で絡んでしまった理由を倫子に打ち明け、倫子はその日早坂と約束をしていたものの、目の前で泣き崩れるKEYをおもわず抱きしめてしまう......。

■本当の幸せは過去と未来どちらに?

同ドラマは、来週3月22日放送の最終話を残すのみ。口は悪いがいつも自分を鼓舞してくれたKEYに惹(ひ)かれる気持ちに気づいた倫子は、早坂との幸せを手放し、KEYの元へ飛び込むのか? きっぱり別れたはずの涼から再アタックを受けた香は、それでも婚活で新たな出会いに自分の幸せを求めるのか? 不倫相手の丸井に子供が生まれ、別れを宣告したばかりの小雪は過去を清算できるのか?

他人の尺度では測れない幸せを3人がどんな形で選ぶのか、来週いよいよ見届けられる。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ