ここから本文です

ラブソングでヒットを飛ばしてきた歌手・シェネルの新曲「Destiny」が、4月14日よりスタートするTBS系ドラマ「リバース」(毎週金曜22時~)の主題歌に決定した。デビュー10周年を迎える今年、記念イヤーの第1弾シングルとして最高のスタートを切る。

サムネイル

シェネル/Che'Nelle, Feb 14, 2015 : 東京ランウェイ 2015 SPRING/SUMMER(写真:MANTAN/アフロ)


シェネル 「ベイビー・アイラブユー 」(English ver.)>>


シェネル、これまでのヒット曲を一挙に配信中>>

■ラブソングの女王が聞かせる新境地

シェネルは、2007年に「ラヴ・ウィズ・DJ」でデビューを飾り、今年でデビュー10周年を迎える。2011年にシンガーソングライター・TEEの「ベイビー・アイラブユー」を英語詞でカバーして大ヒット。その翌年には映画『BRAVE HEARTS 海猿』主題歌としてリリースされた「ビリーヴ」も多くの音楽チャートで1位に輝き、"ラブソングの女王"として人気沸騰。

シェネルの楽曲が主題歌に起用されたドラマ「リバース」は、"イヤミス(=読んで嫌な気分になるミステリー)の女王"と異名を持つ作家、湊かなえ原作のヒューマンミステリードラマ。

サスペンスの要素もあるドラマの主題歌を担当するに当たってシェネルは、「私自身、新境地を切り開くことができたと思っています。これまでとは違う曲調に挑戦することができましたし、私としてもこの新しい世界観と新しいサウンドに非常に手応えを感じています」と語っており、ラブソングを得意とする彼女の新しい魅力が開花されたようだ。なお「Destiny」は、5月10日にCDシングルでのリリースも決定している。

■主題歌がスリリングな展開を盛り上げる!

「リバース」の新井順子プロデューサーは、シェネルが歌う主題歌の出来ばえに「『リバース』の世界観をスリリングに盛り上げてくれることは間違いありません。主題歌がどのように作品と混ざり合うのか、とても楽しみです」と太鼓判を押している。

主演の藤原竜也に加えて、ヒロイン役として戸田恵梨香が出演。Kis-My-Ft2の玉森裕太や小池徹平に三浦貴大、市原隼人(はやと)、TBSドラマ初出演となる門脇麦も登場する。若手実力派がそろった群像劇を、圧倒的な歌唱力でヒットを飛ばしてきたシェネルが彩る。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ