ここから本文です

大原櫻子が初の単独MCを務める、映像配信サービス「GYAO!」で配信中の音楽番組「さくch(さくちゃん)」(毎週水曜日21時更新)。第3回が3月22日に配信される。今回のゲストは声優や歌手として活躍する三森すずこ。互いに芸能界で歌に演技にマルチな活躍を見せる2人ならではの、さまざまな分野に渡ったトークが繰り広げられた。

サムネイル

3月22日(水)21時配信! 大原櫻子が単独MCを務める音楽トーク番組「さくch」(ゲスト:三森すずこ)


大原櫻子の音楽トーク番組「さくch」(毎週水曜21時配信)>>

■三森が選ぶ"これは何だ"な役とは?

サムネイル
3月22日(水)21時配信、第三回ゲストは三森すずこ


声優としての三森は、役によってさまざまな声を使い分けている。代表作にアニメ「探偵オペラミルキィホームズ」の純真無垢(じゅんしんむく)で天真爛漫(てんしんらんまん)な主人公・シャーロック・シェリンフォード役や、アニメ「ラブライブ!」の文武両道で真面目な性格の園田海未役などがある。そんな三森に、今まで演じた中で難しいと感じた役を質問したところ......

三森: 「"しゃべる鳥"の役で、『これはなんだ!?』って思いました」

と予想外の答えが返ってきて、大原は驚く。

三森: 「動物の役もいただくのですが、動物がしゃべっているところは聞いたことがないし、そこは想像の世界でやっちゃおう! と、逆に自由にやっています」

大原:「ちょっと遊べるところではある?」

三森:「そうですね!」

サムネイル
3月22日(水)21時配信、第三回ゲストは三森すずこ


この他にも、三森が声優の裏話やプライベートな話題まで幅広く語っており、終始大原も興味津々の様子だった。

■大原が即興で声優に挑戦! "マラカス"に声を吹き込む!?

三森が、自身の声優としての能力について語っている場面では、実際に声の使い分けを披露した。4種類もの声を即興で披露し大原も大興奮。さらに流れで大原も即興で声優に挑戦することに......。三森が大原に指定したシチュエーションは、「手元にあったマラカスがもしもしゃべったら」というもの。恥じらいながら挑戦する大原の演技に、三森は「かわいい!!」と大絶賛だった。

第3回目となるベスト5のコーナーでは、「声優あるあるベスト5」というテーマで、三森が声優として感じることをたっぷり語っている。声優ファンにはもちろん、そうでない人も声優に興味がわくようなトークになっている。

番組内では、3月15日発売の三森初の日本武道館公演を収録したブルーレイ「MIMORI SUZUKO LIVE TOUR 2016 "GRAND REVUE" FINAL」についても紹介された。同作は、
3枚組6時間49分の大ボリュームとなっている。さらに4月12日発売のニューシングル「サキワフハナ」は、アニメ「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」オープニングテーマとなっており、また同シングルに収録されている楽曲「恋はイリュージョン」は、三森自身が作詞に挑戦したことも明かされた。

サムネイル
3月22日(水)21時配信!「さくch」は3DVRでも視聴可能


今回は"声優"というトピックを深く掘り下げたトークや、マルチな活躍をする2人だからこそのオフの過ごし方など、トークはおおいに盛り上がった。さらに、同番組が3DVRでも視聴できるということで、大原・三森の2人が実際にVRを体験。その迫力に2人とも大興奮で、大原も「今まで見た映像で一番こわい」と語っていた。

サムネイル
配信は3月8日より3月29日の1カ月、毎週水曜日更新の全4回を予定


◆三森すずこ
東京都出身。6月28日生まれのAB型。声優・歌手として活躍している。2015年12月、μ's(ミューズ)のメンバーとして第66回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。2016年には自身初となる全国ツアーを行った。料理、観劇、プロレス観戦など幅広い趣味を持つ。

◆大原櫻子
1996年、東京都生まれ。2013年、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビュー。2016年、全公演完全ソールドアウトとなった3rdツアーを開催し、ツアーファイナルは自身初となる日本武道館公演(追加公演含め2DAYS)を成功させた。今年5月15日からは、自身初主演となる舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』への出演が決定している。

「さくch」#1ゲスト「東京スカパラダイスオーケストラ」出演回をアーカイブ配信中>>


「さくch」#2ゲスト「藤原さくら」出演回をアーカイブ配信中>>


(文/上野澪@HEW
(写真:トレンドニュース)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ