ここから本文です

ディズニーの実写映画『美女と野獣』が4月21日から公開される。人気歌姫のアリアナ・グランデとグラミー賞10冠に輝くジョン・レジェンドが、主題歌「美女と野獣」によって、誰もが知る名作に新たな息吹をもたらしている。

サムネイル

Ariana Grande, American Music Awards, Los Angeles, USA - 20 Nov 2016(写真:REX FEATURES/アフロ)


アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド 「美女と野獣」ミュージックビデオ>>


■人気・実力トップクラスの2人がデュエット

映画『美女と野獣』は、『ハリー・ポッター』シリーズで知られるエマ・ワトソンが主演のミュージカル作品。公開が始まっているアメリカでは公開初週に興行成績が1位を獲得し、注目度の高さを見せつけた。

同作の主題歌「美女と野獣」をデュエットしているのは、アリアナ・グランデとジョン・レジェンド。アリアナは、公開中の映画『SING/シング』のエンディング・ソングで大御所アーティスト、スティーヴィー・ワンダーのコラボレート相手に抜擢(ばってき)されるなど、人気に加え実力を兼ね備えた歌姫。ジョンもヒット中の映画『ラ・ラ・ランド』にシンガー役で出演して美声を聞かせており、両者並んで今、音楽界・映画界の両方から一目置かれる存在だ。

主題歌「美女と野獣」のミュージックビデオでは、同映画の名シーンの一つである"美女と野獣"が華麗にダンスを舞うお城のボールルームに、深紅のドレスを着たアリアナとピアノを弾き語るジョンが登場。エマと野獣が登場する劇中シーンともシンクロし、バラをモチーフにしたダンサーたちも登場するファンタジックな映像に仕上がっている。

■アニメ版のヒットシンガーも参加

映画『美女と野獣』と言えば、1991年に公開されたディズニーのアニメ作品も、セリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンがデュエットした主題歌と共に大ヒットを飛ばした。最新の実写版『美女と野獣』では、セリーヌが新曲「時は永遠に」で参加している。アニメ版に続き、実写版『美女と野獣』からも不朽のナンバーが生まれそうだ。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ