ここから本文です

脳科学者・茂木健一郎氏が、映像配信サービス「GYAO!」にて生配信された情報バラエティ「ニュース生オオギリ!!」で、大喜利に挑戦した。日本のお笑い界に疑問を呈して物議をかもした茂木氏が、同番組でキャスターを務める放送作家・倉本美津留と、笑い×ニュースの可能性について語った。

サムネイル

大喜利×ニュース番組「ニュース生オオギリ!!」(3月15日、22日、29日生配信)


【無料配信】「ニュース生オオギリ!! #2 2017年3月22日配信分」>>


GYAO! ライブチャンネル 情報バラエティ3番組(特設サイト)>>

■茂木氏の大喜利に倉本、辛口イジリ

3月15日より配信スタートした「ニュース生オオギリ!!」は、倉本美津留とフリーアナウンサー・岡副麻希をキャスターに迎えて、話題のニュースを題材にお笑い芸人たちが大喜利を繰り広げる、異色の大喜利×ニュース番組。3月22日に生配信された第2回の今回は、「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」というツイートが物議をかもした茂木氏がゲスト出演した。

倉本に「笑いのセンスがない人」とイジられながらも、茂木氏は、笑い飯・西田幸治、スリムクラブ・真栄田賢、Aマッソ・加納たち本職の芸人たちに交ざって、慣れない大喜利に奮闘した。収録を終えて、茂木氏は「難しかった」と苦笑いで語る。

茂木: 「難しかった。でも面白かったです。それぞれ切り口が違って、人の数だけ笑わせ方があるんだなと思いました。僕も一応事前にいろいろ考えてきたんですけど、全然役に立たなかったです。皆の答えに引っ張られちゃいますね。やっぱり笑い飯さんとか好きなんで、つい自分も答えに乗っかっていっちゃったり......」

倉本: 「他の人の答えに乗っかっていくのは、大喜利で大事なことですよ。でも乗っかるだけで、面白いかどうかは別(笑)」

茂木: 「ああ~......。」

■笑いによる"メタ認知"を

茂木氏の、海外と比較して日本のお笑い界に疑問を呈した一連のツイートが、さまざまなワイドショーに取り上げられて賛否両論を巻き起こしている。これほどの騒動になるのは予想外だったようで、茂木氏は、「あれは前世の僕がしたツイート」と反省しきりだったが、"お笑い"というジャンルに権力批評の役割を託そうとした真意とは、なんだったのだろうか?

茂木: 「海外にはモンティ・パイソンとか『サタデー・ナイト・ライブ』とか、笑いで権力批評をするようなものがたくさんあるんです。日本にもそういうのがあったらいいなって、10年くらいずっと考えていたんです。聞いてモヤモヤする事件や出来事ってあるじゃないですか。でもアメリカのレイトショーだと、その日にあったモヤモヤするニュースを、コメディアンが笑いでスッキリさせてくれるんですよ。その日のうちにストレス解消させてくれるんです。でも日本ではそういう場がないから、皆が社会に対してモヤモヤを抱えたままになっていると思うんです。社会のいろいろをスピーディーに笑いに変えてスッキリさせてくれるような番組があったらいいと思いません?」

倉本: 「まさに笑いで明るくニュースを語れる番組があったらいいなと企画していたのが、『ニュース生オオギリ!!』なんです。そしたら、茂木さんがああいう発言をされて、シンクロしているのを感じました。お笑いがそのままスパッとわかりやすい批評になるだけじゃなくて、楽しい馬鹿話が1周まわって深いこと言っているかなという風になると面白いなと考えています」

茂木: 「あと脳の働きで、メタ認知っていうのがあるんですよ。自分たちのことを客観的に外から見るというのがメタ認知なんですけど、お笑いってメタ認知を行う方法のひとつなんです。客観的に見ることで、苦しいことやつらいことがあっても前向きでいられる。笑いによるメタ認知、いい方法だと思いますね」

■大喜利と現実がシンクロするかも......!? 笑いの種類を増やしたい

茂木: 「お笑い芸人の方は、人気が出てくるとバラエティの司会業を始める場合が多いですけれど、これから報道番組にも進出していくんじゃないかな。『ニュース生オオギリ!!』も、番組エンディングでAマッソが『今週のニュース漫才』って時事ネタをやるじゃないですか。ああいうのが、報道番組のいちコーナーとしてあってもいいと思います。『ニュース生オオギリ!!』が日本の笑いの幅を広げてくれる可能性はありますよね」

倉本: 「単純な社会批評じゃないところを掘って、この番組を通じて笑いの種類を増やしていきたいですね。世間に『これくらいなら言っても大丈夫なんだ』というのを伝えていけたら。あと今回の配信では、『籠池氏の証人喚問での第一声は?』というお題で大喜利をしましたが、そこでの回答が的中する可能性はゼロではない。シンクロが起きた、実は大喜利が予知していた、みたいなことが今後起きたらオモロイと思っています」

茂木: 「笑い×ニュース、今後レジェンドな回を残してくれることを期待しています!」

倉本: 「......よかったら来週も出演していただけません?」

茂木: 「それはやりすぎですよ! 来週は笑いに発展させられるガチな芸人さんだけで......」

倉本: 「じゃあ番組ハッシュタグで呟(つぶや)いてください。『茂木も見ているぞ!』ってなりますんで(笑)」

茂木:「そのくらいがちょうどいいですね。それでいきましょう!(笑)」

サムネイル
大喜利×ニュース番組「ニュース生オオギリ!!」(3月15日、22日、29日生配信)


「ニュース生オオギリ!!」第2回はアーカイブ配信中。第3回は、3月29日19時~20時に映像配信サービス「GYAO!」にて生配信。生配信を見逃してしまった場合も、同サービスにてアーカイブが配信される。

【無料配信】「ニュース生オオギリ!! #1 2017年3月15日配信分」>>


GYAO! ライブチャンネル 情報バラエティ3番組(特設サイト)>>

(取材・文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ