ここから本文です

映像配信サービス「GYAO!」で配信中の大原櫻子がMCを務める音楽トーク番組「さくch(さくちゃん)」。3月29日(水)21時に配信される第4回目は、同番組初のアイドルゲストとなるJuice=Juiceから金澤朋子・宮本佳林の2人を迎える。ゲストおすすめの食べ物を試食したり、ゲストから大原に逆質問するコーナーが実施されるなど、初の試みが盛りだくさんの回となった。

サムネイル

3月29日(水)21時配信! 大原櫻子が単独MCを務める音楽トーク番組「さくch」(ゲスト:Juice=Juice)


大原櫻子の音楽トーク番組「さくch」(毎週水曜21時配信)>>


■お互いをあだ名で呼び合う仲に!? イントネーションに大原が苦戦

サムネイル
3月29日(水)21時配信、第三回ゲストはJuice=Juiceから金澤朋子・宮本佳林の2人


大原と金澤は同じ21歳で、宮本も18歳と年齢の近い3人。番組の冒頭で、「同年代ということで、あだ名で呼び合おう」と互いのあだ名を確認。

金澤: 「公式ニックネームで、"かなとも"と呼ばれています」

宮本: 「私は名前の"カリン"ですね、普通に」

大原: 「カ"リン"で上がるんですか!?」

宮本: 「"みりん"と同じ発音です!」

大原: 「うまく呼べるかなぁ......ちょっと頑張って呼びます(笑)」

と、和やかな雰囲気で番組が始まった。

また、「生まれ変わったら」という話題では

金澤: 「性格がもともと男っぽいので、男の子に生まれ変わってみたい」

大原: 「一緒です!!  かわいい女の子とかちょっとナンパしてみたい(笑)」

宮本: 「イケメンに生まれ変わって、道歩いて『このあとどう?』と、やってみたい」

と、不思議と満場一致した「イケメンに生まれ変わってナンパしてみたい」という願望で盛り上がった。

■大原櫻子ファンの金澤、大原に逆質問

サムネイル
3月29日(水)21時配信、第三回ゲストはJuice=Juiceから金澤朋子・宮本佳林の2人


大原のアルバムリリースイベントに、こっそり行ってしまうほどの大原ファンだという金澤から、大原への逆質問コーナーも行われた。大原が影響を受けたアーティストや、一番緊張したステージは何か、といった歌手としての大原に迫る内容となっている。

また、今回のベスト5は、Juice=Juiceが全国各地へライブに出向いた際に食べた「おいしかったものベスト5」が紹介され、スタジオでも試食が行われた。全員同時にお菓子をほおばったため誰も口が開けなくなり、無言でもぐもぐするという"珍"黙の場面も......。

さらに番組内では、4月26日にリリースされるJuice=Juiceの9thシングル「地団駄ダンス/Feel!感じるよ」も紹介。今までになかったタイプの楽曲で、新たなJuice=Juiceの一面を楽しめるシングルと明かされた。このとき、45秒にも及ぶ告知をカンペなしですらすらとおこなった金澤の頑張りもお見逃しなく!

初のアイドルゲストを迎えた第4回目の「さくch」は、同年代の3人によるフレンドリーなトークと新しい企画満載の回となった。同番組は3DVRでも配信され、よりバーチャルな世界観で番組を楽しめる。大原と金澤・宮本も3DVRを体験し、その迫力に大興奮の3人の様子も必見だ。

サムネイル
配信は3月8日より3月29日の1カ月、毎週水曜日更新の全4回を予定


◆Juice=Juice
2013年2月3日、「Hello! Project 誕生15周年記念ライブ2013冬」の福岡公演にて、ハロプロ研修生内新ユニットとして結成。2016年初の日本武道館で単独ライブを行う。ユニット名の由来は、いつまでもフレッシュで個性の詰まったユニットになってほしいという願いが込められ、名付けられた。

◆大原櫻子
1996年、東京都生まれ。2013年、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビュー。2016年、全公演完全ソールドアウトとなった3rdツアーを開催し、ツアーファイナルは自身初となる日本武道館公演(追加公演含め2DAYS)を成功させた。今年5月15日からは、自身初主演となる舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』への出演が決定している。

「さくch」#1ゲスト「東京スカパラダイスオーケストラ」出演回をアーカイブ配信中>>


「さくch」#2ゲスト「藤原さくら」出演回をアーカイブ配信中>>


「さくch」#3ゲスト「三森すずこ」出演回をアーカイブ配信中>>


(文/上野澪@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ