ここから本文です

映像配信サービスを運営する「GYAO」と大手芸能事務所「アミューズ」が、映画制作に向けたオーディション「Yahoo! JAPAN 20周年企画『NEW CINEMA PROJECT』Powered by GYAO+Amuse」(以下「NEW CINEMA PROJECT」)を共同で開催する。

サムネイル

提供:アフロ


合同オーディション企画「NEW CINEMA PROJECT」公式ページ>>

「NEW CINEMA PROJECT」ティザー映像>>


新たな才能の発掘を目指す「NEW CINEMA PROJECT」では、プロ・アマチュアを問わず、監督(オリジナル映画企画)、俳優、ミュージシャンを公募して、1本の映画作品を作り上げる。3月29日より、第1弾募集として、監督の応募受付が開始した。応募作品は、「インターネット」「スマートフォン」「シンギュラリティ」といったITをテーマにしたものか、ITに関する記述が作中に何らかのかたちで登場するものと規定されている。

「GYAO!」が10周年を迎える2018年3月の映画完成を目標としており、選考過程も同サービスで配信予定。株式会社GYAOの代表取締役社長である荒波修氏は、「一緒に『世の中を幸せに』できるエンターテインメントを創りましょう!」と呼びかけている。

昨今、動画配信サービスではGYAOに限らず、各社それぞれオリジナルコンテンツを開発する方向に舵(かじ)を切る動きもでている。業界全体が試行錯誤する中、大手芸能事務所とタッグを組んで、オリジナルコンテンツの制作を目指す「NEW CINEMA PROJECT」は、意義あるものとなりそうだ。


合同オーディション企画「NEW CINEMA PROJECT」公式ページ>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ