ここから本文です

4月15日公開の劇場版アニメ『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は、主題歌に倉木麻衣の「渡月橋 ~君 想ふ~」が起用された。倉木がコナンの主題歌を担当するのは今回で21作目となり、ギネス申請も行われるほどの記録的なコラボレーションとなっている。

サムネイル

倉木麻衣, Feb 14, 2017 : 『Let's スマイルキャンペーン』モザイクアート発表会(写真:MANTAN/アフロ)


倉木麻衣 「渡月橋 ~君 想ふ~」ミュージックビデオ>>


【無料配信】倉木麻衣ミュージックビデオを一挙に配信>>

【劇場予告編】映画『名探偵コナン から紅の恋歌』(4月15日公開)>>


■ギネス申請中の強力タッグ

劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』は、主人公・江戸川コナンが、大阪と京都を舞台に、テレビ局の爆破事件と百人一首の大会優勝者の殺害事件を追う。サスペンス&ミステリーに加えて、ラブコメ要素にも満ちた劇場版『名探偵コナン』シリーズ第21作目だ。

テレビアニメ版にも何度も楽曲が起用されてきた倉木にとって、『名探偵コナン』とコラボするのは実に21作目。同一アニメでもっとも多く主題歌を担当した歌手としてギネスにも申請されており、楽曲と映画ともに記念すべき作品となりそうだ。

■和の雰囲気を取り入れたサウンド

今作でのコラボに当たり、読売テレビ「名探偵コナン」企画・プロデューサーの諏訪道彦氏は、「コナンは倉木さんのアーティスト人生のサイドカーに乗せてもらっていると言ってもいいですか? というわけで『渡月橋 ~君 想ふ~』また新たなレジェンドの誕生です」と自信を込めてコメントしている。

また、倉木は「主題歌制作に際しシナリオをいただいたときから、"から紅"の奥深い色合いがふわーと浮かび、サウンド的に和の雰囲気を取り入れたいと思いました。映画の中の高校生の爽やかな恋模様、コナンくん作品ならではのドラマチックで美しいストーリーを彩る一曲になったら嬉しく思っています」と楽曲のコンセプトを明かしている。さらに主人公・コナンは「コナンといえば倉木さん、倉木さんといえばコナンとボクは思ってるよ!」と名タッグにコメントを寄せた。

劇場版の前作『名探偵コナン 純黒の悪夢』は、シリーズ最高となる興行収入60億を突破する大ヒットを飛ばした。今回さらに記録を更新するかにも期待が高まる。

倉木麻衣 「Love, Day After Tomorrow 」ミュージックビデオ>>


【無料配信】倉木麻衣ミュージックビデオを一挙に配信>>

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ