ここから本文です

庭先に集まってくるかわいい猫たちを眺めるスマートフォン向けゲームアプリ「ねこあつめ」が実写映画になるという話に、主演のオファーを受けた俳優・伊藤淳史は「まったく想像がつかなかった」と率直な感想を漏らしたという。そんなチャレンジングな企画が映画『ねこあつめの家』というタイトルで完成した(4月8日公開)。果たしてどんな映画に仕上がっているのだろうか――伊藤に話を聞いた。

サムネイル

主演:伊藤淳史 映画『ねこあつめの家』(4月8日公開)


【劇場予告編】映画『ねこあつめの家』>>


■たくさんの猫が出演も撮影はスムーズ!

――ゲームアプリの映画化という話を聞いたとき、どんな感想を持ちましたか?

伊藤: 企画書を見せていただいたときは、まったく想像がつかなかったですね。「ねこあつめ」というアプリはもちろん知っていたのですが、当時はやったことがなく、どうやって映画になっていくんだろうというのが率直な感想でした。

サムネイル
主演:伊藤淳史 映画『ねこあつめの家』(4月8日公開)


――主演を務めることに不安はありませんでしたか?

伊藤: 猫がひたすらかわいい映画になるのかなと。でも出来上がった台本を読んでみると、それに加えてきちんと登場人物たちの人間模様も描かれていましたし、面白くなりそうな期待がふくらみました。

――たくさんの猫が登場します。あれだけ多いと、撮影は大変だったのではないですか?

伊藤: 僕もそう思っていたんです。台本のト書きに「(伊藤演じる)佐久本の周りには猫だらけ」なんて書いてあるけれど、そんなことできるのかなって。でも本当に優秀な猫ちゃんたちで、ほぼ人間の希望通りの位置にしっかり収まってくれるんです。びっくりしました。

サムネイル
主演:伊藤淳史 映画『ねこあつめの家』(4月8日公開)


――では撮影はスムーズに?

伊藤: はい。猫って人間との間の距離を一定に保つというイメージを持っていたのですが、すごく近くに寄ってきてくれるし、撮影の苦労はほとんどなかったです。待ち時間も猫と戯(たわむ)れて癒やされました。かわいかったです。

■犬を飼っている伊藤淳史、猫にも愛着が!

サムネイル
主演:伊藤淳史 映画『ねこあつめの家』(4月8日公開)


――伊藤さんは犬を飼っているとお聞きしましたが、猫にも愛着が?

伊藤: 猫の良さを感じましたね。知り合いの役者さんに自宅で犬と猫を飼っている方がいるのですが、とても仲がいいんです。うちはいま犬が2匹いて、子どもも小さくまだ猫まで飼う余裕はありませんが、100パーセントの愛情を注げるぐらいの余裕ができたら、真剣に猫も飼ってみたいなって思えるぐらい楽しかったです。

――伊藤さん演じた小説家の佐久本は、スランプに陥り仕事ができなくなってしまいます。伊藤さんはそういう経験はありましたか?

伊藤: 僕らの仕事は、あるものを演じるという側面があるので、小説家のように書かないと止まってしまうというものではありません。もちろん役に向かう上で追い込まれることはありますが、完全に止まってしまうことがないので、あまりスランプと感じることはないんです。必ず始まったら終わりがあるので......。

サムネイル
主演:伊藤淳史 映画『ねこあつめの家』(4月8日公開)


――スランプに陥った佐久本を叱咤(しった)激励する編集者のみちるを演じた忽那汐里(くつなしおり)さん、ペットショップの店長・洋子を演じた木村多江さんとの共演はいかがでしたか?

伊藤: 多江さんは、僕が台本を読んでいてイメージしていた役柄のずっと上をいくお芝居をされていて、びっくりしました。僕の役は基本受けの芝居だったのですが、多江さんの演技にひたすら驚いて、自分がイメージしていた佐久本よりも大きく引き出してもらった感じです。忽那(くつな)さんに関しては、強く出るよりは優しそうな表情で、かなりきついことをいう女性だったのですが、すごく上手で、佐久本に説得力を持たせてくれました。

――芸人の大久保佳代子さんもいい味を出していましたね。

伊藤: 撮影は一日しか一緒じゃなかったのですが、いい味を出されていましたね。テレビで見ていると毒舌なイメージだったのですが、現場ではすごく真面目な方で、監督の話をしっかり聞いて、忠実に演技をされていました。面白くて、とてもすてきな方でした。

■子どもの寝顔で疲れも吹っ飛ぶ!

サムネイル
主演:伊藤淳史 映画『ねこあつめの家』(4月8日公開)


――スランプに陥った佐久本が移り住む郊外の家がとてものんびりとした癒やしの空間でしたが、伊藤さんにとっていま一番の癒やしは?

伊藤: いまは子どもですかね。どれだけ疲れて帰ってきても、顔を見ると疲れが吹き飛びます。まあ、(子どもが)寝たあとに家に帰って、出かけるときもまだ寝ていることも多いのですが、寝顔を見ているだけで癒やされます。

――劇中「人はきっかけ、ちょっとしたことで人生が変わる」というセリフがあります。伊藤さんにとって人生が変わったきっかけはありますか?

伊藤: やっぱり結婚ですかね。一人の時もお芝居の仕事は楽しくて幸せだなって思っていたのですが、一方で、自分の仕事って誰かのためになっているのかな、自己満足なんじゃないかなって思うこともあったんです。でも結婚して、必然的に家族のためって思えるようになりました。自分のためより誰かのためにやる仕事の方が、やりがいがあるのかなって感じるようになりました。

■『チーム・バチスタ』シリーズ、仲村トオルとの出会い

サムネイル
主演:伊藤淳史 映画『ねこあつめの家』(4月8日公開)


――俳優としての転機はありましたか?

伊藤: 『チーム・バチスタ』シリーズで、仲村トオルさんとご一緒させていただいたことは、自分の中では大きかったです。自分にとっても、とても長いシリーズですし、俳優としてばかりではなく、人生の先輩としてもいろいろとアドバイスをいただいて、とてもすてきな出会いでした。

――伊藤さんも、現場では後輩がたくさんできる年齢になってきましたよね。

伊藤: 最近多いですね。共演者というより、スタッフさんでそう感じますね。以前は、年上が当たり前だったのですが、だんだん自分より年が下の人も増えてきました。でも僕は先輩風を吹かせて「役者とは」なんて言えるタイプでもないですし、唯一心掛けているのは、楽しい現場にしたいなってことですね。つまらない現場より、楽しい現場の方が絶対いい作品ができると思っているので。

――とても面白い作品ですが、最後に見どころを。

伊藤: 猫がかわいいのはもちろん、その部分は存分に味わってもらえると思いますが、一人の人間の成長物語も味わえるハートフルな作品になっています。


サムネイル
主演:伊藤淳史 映画『ねこあつめの家』(4月8日公開)


伊藤淳史(いとう・あつし)
1983年11月25日生まれ、千葉県出身。1997年公開の映画『鉄塔武蔵野線』で初主演を務めると、数々の話題作に出演を果たす。2015年に公開された『映画 ビリギャル』では落ちこぼれ女子高生を大学受験に合格させる塾講師を好演し、第39回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。日本映画界にはなくてはならない個性的な俳優として高い評価を得る。座右の銘は「初心忘るべからず」。

(取材・文・撮影:磯部正和)
(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ