ここから本文です

女優・前田敦子が、秦基博の名曲「Girl」のMVに出演した。前田は、「一番大好き」と公言するアーティストとのコラボレーションに喜びをあらわにしている。

サムネイル

秦基博/Motohiro Hata, Oct 15, 2015 : ファッションブランド「グローバルワーク」イベント(写真:MANTAN/アフロ)


前田敦子主演で撮り下ろされた「Girl」(2017 Another Story ver.)ミュージックビデオ>>


【無料配信】秦 基博 ミュージックビデオ一覧>>

■前田演じるヒロインは"自称詩人"

映像クリエイター・島田大介が監督・脚本を務めた「Girl」のMVは、前田が主演のドラマ仕立ての内容になっている。前田演じるボンボンショコラは、持ち前の妄想癖を利用してSNSで自作のポエムをアップする"自称詩人"というキャラクター。若手俳優の藤江琢磨演じる"リプ男"と、本屋での出会いと、SNSでのリプライをきっかけに始まる、4年間のラブストーリーが描かれた。

前田にとって、他アーティストのMVに出演するのは今回が初めて。前田は、「一番大好きな秦基博さんのMVに出演というのがすごく嬉しかったです」と感激しきりでコメント。秦も「まさかそんな事が実現するんだなと思って驚きました。すごく嬉しかったです」と喜びを示した。

■過去に「新堂本兄弟」でデュエットも

もともと2013年リリースのアルバム『Signed POP』の収録曲である「Girl」は、2017年4月6日から放送する日本テレビ系ドラマ「恋がヘタでも生きてます」(木曜23時59分~)の主題歌に起用されたことで、5月3日にリカットシングルとしてあらためてリリースされることが決定。今回のMVも「2017 Another Story Ver.」として新たに制作されたものだ。

前田が大ファンということで、かつてフジテレビ系音楽バラエティ「新堂本兄弟」で、秦の楽曲「アイ」を一緒に歌ったこともある2人。初めてMVにゲスト出演したアーティストが秦で、前田の喜びもひとしおだったに違いない。

(文/谷本美花@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ