ここから本文です

ソロではhiro、Coco d'Or(ココドール)、島袋寛子という3つの名前を使い分け、その名前ごとに異なるジャンルの歌を披露してき彼女が、このたび1日だけそのオールキャリアを総動員し、バンドスタイルでファンのリクエスト曲を歌う「HIRO FES∞ 2017」を5月7日(日)東京・品川ステラボールにて開催。hiro、Coco d'Or、島袋寛子の全部が一度に楽しめる、まさに彼女の集大成となる本公演について、さらには彼女がデビューして20年間、歌い続けてたどりついた歌がリスナーに届き、つながりが生まれた瞬間の"幸せ"について語ってくれた。

サムネイル

「HIRO FES∞ 2017」を5月7日(日)東京・品川ステラボールにて開催


「HIRO FES∞ 2017」(Yahoo!チケット)>>

■次の新しい自分を見つけるために必要なこと、大きなターニングポイントにきている気がします

――「HIRO FES∞ 2017」は、単独コンサートだけれども"フェス"なんですよね?

島袋: はい。フェスはいろんな人が集まってやるものですけど、私はこれまでいろんな名義で歌を歌わせてもらってきたので、それらを総動員させます(笑)。

――J-POPなhiro、ジャジーなCoco d'Or、沖縄のルーツ音楽を歌う島袋寛子、どれもコンセプトが違うシンガーだから、その3人を集めれば、1人でもフェスができてしまうと。

島袋: そういうことです(笑)。しかも今回、フェスで歌う曲をみんなに選んでもらう試みにも挑戦します。リクエスト曲だけでコンサートを構成するのは今回が初めてで。リクエストを募ることで、いつも応援してくれているみんなが、どんな私を好きでいてくれて、どんなところを見てくれているのかということを知ることができる機会なので、楽しみにしています。
例えばhiroの曲は最近披露していないので、私もみんなも懐かしい気持ちになりながら、さらに今の私が歌うことで、新しい何かを同じ空間、同じ瞬間に発見できたり。歌を通して、みなさんと一緒に昔から今という"時間旅"ができたらと思ってるんです。あと私自身、1回のライブで3つのタイプを一緒にやるというのはチャレンジでもあるので。ワクワクしています。

――リクエストの予想はつきますか?

島袋: 予想がつかないからこそワクワクしつつも、とても怖いです(笑)。今ならみなさんのリクエストに応えられる、と自分にプレッシャーをかけつつも、そう思えるようになったこと自体、私の大きな変化なんですよ。

――具体的に、どう変化したんですか?

島袋: 今までは新しいものとか、そのとき自分が何を伝えたいか、歌いたいか、届けたいかというところに重点を置いて歌ってきたんです。でも、今一度このライブでは「次の新しい自分に出会うために、今までの楽曲と向き合う」、「みんなが好きだと言ってくれている私と向き合う」。この公演はそういう機会になると思うので、私の中では挑戦です。

■プライベートでの変化、歌手生活を20年続けてこられたことへの思い

――ターニングポイントにもなりそうですね。

島袋: ええ。これは私事ですけど、結婚というものもあったので。2月にファンミーティングをやったときに私の口からみなさんに報告させていただいたんですが。そのようなプライベートでの変化。また、歌手生活を20年続けてこられたことへの思いもあります。やはり20年となると、一人の人間が成人する月日ですから。それだけの期間、音楽に携わると、私の中にもいろいろな経験と歴史があり。それを応援してくれたみんなと私との間に生まれる歴史もあり。それらすべてを含めて、大きなターニングポイントにきている気がします。

――そういうタイミングだからこそ、全キャリアをかけてここで今までの総まとめをやってみようと思えたんですね。

島袋: ええ。みんなと共有しながら、今までを振り返ることが、次の新しい自分を見つけるために必要なことだと感じていますから。

――ということは、本公演は島袋さんとみなさんで作るオールタイムベスト的なライブになりそうですね。

島袋:そうですね。

■自分が魂を込められるものを歌えること、それが届いたときが一番幸せ

――作品のほうでオールタイムベストのようなものも出す予定は?

島袋: 私はベスト盤を出したいという気持ちはないんです。おばあちゃんになったら「ベスト盤? 出してもいいですよ」ってなるかもしれないけど(笑)。

――では島袋さんは何を達成したくて歌い続けているんでしょう? それはきっとSPEEDのセールスを抜きたいとか、東京ドームに立ちたいというものではない気がするんですが。

島袋: 自分でも考えるんです。私が一番叶えたかった夢は"歌手になってデビューしたい"。その1点だったわけですよ、子供の頃は。デビューした後、今度はチャート1位になることや大きな会場に立つこと、いろいろ目標を立ててやっていったわけですけど。SPEEDとしてそれを経験させてもらって、そこで感じたものがあった。すると、また違うものを得たくなるんです。だから今は、自分がこうなんじゃないかなと思っていることを作品にできて、それが聴いてくれてるみんなに届いてつながったときに、とても喜びを感じるんです。自分にとって大事なことは、自分が魂を込められるものを歌えることが一番幸せなんです。

サムネイル
「HIRO FES∞ 2017」を5月7日(日)東京・品川ステラボールにて開催


■思いを受け取ると"自分の経験は無駄じゃなかったな"って自分を肯定できる

――魂が込められる歌が歌えても、それがリスナーに届かなければ幸せは得られない。

島袋: ええ。歌えただけで満足というのでは自己満足になってしまう。かといって、最初から届く歌というのを前提でやっていると、絶対にそういうものはできないと思うんです。
それだと作り手の欲が表れてしまうので。だから、歌う段階では歌い手として"ピュア"じゃないといけないと思うから、歌うとき、伝えるとき、そしてライブのステージに立つときは、子供のときのように歌にピュアに取り組むことしか考えてないんです。

――まずは、その歌に対してピュアに取り組む姿勢が第一。

島袋: はい。その先に、今まで出会ったみんなの手紙とか、そういうものを通してですけど。「あなたの楽曲を通してこういう風に思った」と言われたときは、涙が溢れるぐらいすごく嬉しいんです。年々そういう気持ちは強くなってきています。「想像でしかないけど、寛さんもこういうことがあったのかな? だから自分にはこの歌はこう届くのかな」というような分析が書かれた手紙ももらったりするんですが、あながち外れてなかったりするんですよ。そういうのを読むと、声とか音楽というのは純粋に思いが届くものなんだなと本当に思うんです。私はそこを大事にしていきたいです。

――届いた手紙は全部読まれるんですか?

島袋:読みます! 思いがあって書かれているものだから、こっちもちゃんと受け取りたいと思う。だから、すごく泣いたり笑ったりしながら読むんです。でも、そういう言葉を読ませてもらって、思いを受け取らせてもらうと"自分の経験は無駄じゃなかったな"って自分を肯定できるんですよ。

『私のオキナワ』を出したときも「あなたの『私のオキナワ』を聴いたとき、とても優しくて。いろんな経験をしてきたんだろうなと思った」というお手紙を年上の方から頂いたことがあって。その方もきっといろんな経験をしてこられて。そこに、私の楽曲がやさしく届いてくれたんだと思ったんです。作品を作って、あとあと自分の歌に対して"ああしとけばよかった"ってことはあるんですけど。でも、あのとき自分ができたベストをちゃんと受け止めてくれて、そこに込めた思いにつながる何かを感じて、手紙をくださったり、ライブに足を運んで下さる。その"つながり"ってすごいなと思うんです。そうやってみなさんから届くお手紙なんかを見て、ちょっとでも私は人の役に立てていると思うと嬉しいなと思いますし。こんな人生って幸せだなと思います。

サムネイル
「HIRO FES∞ 2017」を5月7日(日)東京・品川ステラボールにて開催


■やっと安心感を持ってステージに立てるようになりました

――ライブ空間もまた、みなさんの表情や反応を直接見て、つながりを感じられる場所なのでは?

島袋: そうですね。最近はそこで「伝わってるな」という安心感を得られるようになりました。昔はライブが怖かったんですけど(苦笑)。

――え、そうなんですか?

島袋: みんなが求めてくれるものにちゃんと応えなきゃとか、100%以上の歌を届けなきゃと思えば思うほどうまくいかなかったり。本当に怖かった時期があったんです。そんな自分も、今はちゃんとコミュニケーションが取れてると感じるので、やっと安心感を持ってステージに立てるようになりました。でも、本番前は今でもガタガタと緊張しますけど(笑)。

――今回のライブは昼公演、夜公演とありますけど。内容は変わりそうですか?

島袋:変わると思いますね。昼夜同じということはないです。

――このライブで新曲は聴けそうですか?

島袋: どうでしょうね(笑)。取りかかってはいるんです。なので、それが最終的に「よしやろう!」となるかどうかですね。

――新曲は島袋さん自身が作詞・作曲したものですか?

島袋: 両方進めています。イメージを伝えて、客観的に見て作ってもらったもののほうが、よりリアルに自分の伝えたい思いが描かれていることもあるので。それを純粋に歌いたい、このメッセージを私は表現したいと思ったら私はそういうものも全然歌うし。それとは別に、今こんなこと考えてる、こんなメロディーが出てきたというものを形にすることも進めています。全部同時進行でやっています。だから、その2パターン同時に披露できたらいいんですけどね、今回。

――ぜひとも。楽しみにしてます。

島袋:ありがとうございます。楽しみにしていて下さい。

(取材・文/東條祥恵)

■島袋寛子(しまぶくろ・ひろこ)
1984年4月7日生まれ。沖縄県出身。1996年8月、4人組ダンス&ボーカルグループ「SPEED」のメンバーとして12歳でデビュー。「STEADY」「Go! Go! Heaven」「White Love」などの大ヒットで一躍スターダムに駆け上がり、1990年代後半のシーンを代表するグループとなった。1999年8月に「AS TIMES GOES BY」でソロデビュー。2008年、SPEEDの活動再開後もソロ活動を並行し、ジャズ・プロジェクト「Coco d'Or(ココドール)」名義で3枚のアルバムを発表。2013年には故郷・沖縄をテーマにしたコンセプトアルバム『私のオキナワ』をリリース。ミュージカル、映画、舞台にも積極的に参加し、表現の幅を広げている。
2017年5月7日(日)に「HIRO FES∞ 2017」を開催。自身初のリクエストを元にしたセットリストで構成された"寛祭り"を開催する。

<公演情報>
「HIRO FES∞ 2017」(Yahoo!チケット)>>

■開催日時・会場
【会場】品川・ステラボール(東京)
2017年5月7日(日)14:00開場/15:00開演
2017年5月7日(日)18:00開場/19:00開演

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ